2018年 11月 13日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「キリスト教国家」の大統領ということ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   リビングルームには、キリスト教系のラジオ局だろうか、宗教音楽が静かに流れていた。

   この連載の前回の記事「『もう顔も見たくない』コミュニティの亀裂」で、ジェリー(79)は自分の家に私を招き入れると、トランプ大統領を支持する理由をいくつかあげたあとで、自分の宗教について話し始めた。

   ジェリーは夫のアルとふたりでオハイオ州に住み、冬の4、5か月間だけ、厳しい寒さを避けてフロリダ州ダニーデンで暮らしている。私は2018年の2月、トランプ氏を毛嫌いするアメリカ人の友人を訪ねてダニーデンに行き、彼女の隣人であるジェリーと知り合った。

  • ダニーデンにバケーションで来ていた私に、ジェリーの夫アルは親切に自分の自転車を貸してくれた
    ダニーデンにバケーションで来ていた私に、ジェリーの夫アルは親切に自分の自転車を貸してくれた

「オバマの頭にあるのは、イスラム教よ」

   ジェリーは初めて私に会った時、私がこの連載「岡田光世『トランプのアメリカ』で暮らす人たち」を書いていると知ると、友人の前で声をひそめて、「あなた、私の意見はたぶん聞きたくないでしょうね。トランプは素晴らしい大統領だわ」と笑った。

   ジェリーは話し方も表情も、とても穏やかで優しい。ウエストバージニア州出身で、幼い頃から南部バプティスト派の教会に通っていたという。米国のプロテスタント系キリスト教の最大教派だ。保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強く、聖書に書かれていることが絶対であるとする人も多い。

   「私は神を信じています。そして神の御言葉である聖書に従って、生きているの。トランプが大統領になったのは、神の御心だと思っています。トランプはキリスト教の信仰を重視して、ホワイトハウスでもそれを尊重しようとするけれど、オバマはそうではなかった。オバマの頭にあるのは、キリスト教ではなくてイスラム教よ」と話し、毎年2月の第1木曜日に首都ワシントンで開かれる全米朝食祈祷会(National Prayer Breakfast)に触れた。

   オバマ前大統領はこの祈祷会で十字軍による異教徒弾圧などをあげ、「人類は過去の歴史のなかで、神の名のもとに非道な行為を繰り広げてきた」と述べた。イエス・キリストの復活を祝うイースターの祈祷会でも「キリスト教徒の不寛容性」に触れ、何度か保守派の怒りを買ったことがある。オバマ氏の父親はイスラム教徒だが、自身はキリスト教徒であり、自戒の念が込められていたとも受け取れる。

「宗教があって、この国は生まれたのだから」

「アメリカは建国当時のようなキリスト教国家に立ち戻らなければ。宗教があって、この国は生まれたのだから。公立校での祈りも禁止されて。国旗に対する忠誠も脅かされて。私たちからさまざまな権利が奪われていったの。宗教が置き去りにされた結果が、今のこの現実なんです」

   以前は多くのアメリカの公立校で児童・生徒らが、毎朝、教室に掲げられた星条旗に向かって立ち、右手を胸に置き、「私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する共和国、万民のための自由と正義を備えた、神の下、分割すべからず一国家へ忠誠を誓います」と誓約していたが、「神の下」の表現などをめぐって数々の訴訟が起き、今では声に出して唱えている児童・生徒は、全体の半数ほどともいわれる。意外だが、「神の下」という表現は1954年になって初めて加えられたものだ。

   トランプ大統領は長老派のキリスト教徒で、好きな本は聖書とされているが、支持を得るためのジェスチャーだと批判するリベラル派も多い。

「トランプ氏はクリスマスなどの特別な日以外は、定期的に教会に通ってはいないようですが、それは気にならないのですか」
「そう、そう、そう。そうなんですよ。気になりますよ。だから通ってくれるように、神に祈っています。でもトランプは、私たちの価値観に近いのです。クリスチャンですから、人工妊娠中絶には反対です。子供がほしい人はたくさんいるのだから、養子に出すという選択肢があるでしょう。そういえば、あなたはどうして養子を迎えなかったの?」

   私に子供がいないことを知ると、ジェリーが不思議そうにそう聞いた。子供が授からなければ、養子を育てるのはアメリカでは一般的なことだからだ。

同性愛と『聖書』と...

   「そして、ミッツィ(私のアメリカでのニックネーム)、同性愛のことだけれど」と言いながら、ジェリーの感情が高ぶっているのが伝わってくる。

「神は男性のために男性を作ったのではなく、女性のために作ったのでしょう。同性同士でどうやって子供を作るんですか。同性愛なんてノーマルじゃないわ」

   ジェリーも夫のアルも、ふだんはこうしたことを公言せずにいる。彼らが暮らすこのコミュニティにはリベラルな民主党支持者が多いし、同居するゲイカップルの高齢女性もいる。

   聖書には一貫して、同性愛は「罪」だと書かれている。例えばこのような記述がある。

「女と寝るように男と寝る者は、ふたりとも憎むべきことをしたので、必ず殺されなければならない。その血は彼らに帰するであろう」(レビ記20章13節)

   1980年代にまず同性愛者を襲ったエイズを、「神の裁き」と捉えた保守派キリスト教徒たちは少なくない。

   しかし、姦淫や偶像礼拝をする人や盗人などと同じように同性愛者も、その「罪」のために天国には入れないが、悔い改めれば、神の愛を受けることができるとされている。

   聖職者や親などに勧められて同性愛を「治す」ために精神科にかかった結果、「治った」との報告もあるが、こうしたケースには疑問点が多いという。同性愛については解明されていないことが多く、環境などの後天的要因も否定できない。研究者の間では、性的指向は先天的なものであり、選択できるわけではなく、「治療」や「矯正」の対象となるものではないという見方が主流になっている。米精神医学会などでも同性愛は精神疾患とはみなさず、治療の対象とされていない。

   そんな話をジェリーにし、

「とくに、それが遺伝的な理由だったとしたら、同性愛者として生まれてきたのだとしたら、それが『罪』だとされることに戸惑いを感じるのですが」

   私がこう聞くと、意外な質問だったようで、ジェリーはしばらく沈黙した。

「ミッツィ、それは、そうだわ。遺伝だったとしたら。私も戸惑いを覚えるわ。どうしていいか、わからない。私にもわからない。わからないわ。そういう人たちの立場になったことがないし。私が頑固で偏狭な人間だとあなたに思われたくはない。でも、私は聖書を糧に生きているの。これまでもそう教えられてきたし、聖書に書かれていることを信じて、今も日々、暮らしているのよ」

(以下、次回に続く。敬称略。随時掲載)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中