安倍首相が「書いて消せる!」? 間が悪すぎる自民党大会おみやげ

印刷

   「改ざん」に揺れる中で、よりにもよって「書いて消せる」グッズとは――2018年3月25日に開催された自民党大会、そこで配られたある「おみやげ」が、一部で失笑を買っている。

「水性ペンを使うと、ご家庭や職場のメモとして何度も使うことができますので、ぜひご活用ください......」
  • 書いて消せる!(自民党によるニコニコ生放送より)
    書いて消せる!(自民党によるニコニコ生放送より)

「自虐ネタとしてはかなり高次元なセンス」

   檀上、佐々木紀・衆院議員が笑顔で紹介してみせたのは、党大会参加者への「記念品」として配られたというマグネットシートだ。後述の「ウラ実況」によれば、党広報本部(本部長は平井卓也・衆院議員)によって作成されたものだという。

   笑顔の安倍晋三首相を描いたイラストとともに、その「吹き出し(セリフ)」の形でメモ用のスペースが設けられている。ホワイトボードなどと同じで、水性ペンを使って何度も書き込んでは消せる仕組みだ。ケースの上部にも、

「書いて消せる!」

というのがアピールポイントとしてしっかり記される。

   一見すると何の変哲もない、よくあるノベルティーグッズなのだが、なにしろタイミングがタイミングだ。現在政権は、財務省による森友学園関連文書の改ざん問題で大きく揺れている。週明け27日には書き換えのキーパーソン、佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問も控える中、よりにもよって「書いて消せる!」だ。

   このマグネットシートの存在が知られると、ツイッターでは、

「初めて安倍首相のセンスを褒めたくなった」
「財務省の決済文書の様に書いて消せる!」
「自虐ネタとしてはかなり高次元なセンス」

などなど、自民党を皮肉る声が続出することになった。

自民議員も「総理は一回言ったら取り消せないんで」

   自民党がニコニコ生放送で配信したネット番組「党大会をウラ実況!」でも、平将明・衆院議員(党ネットメディア局長)がマグネットシートを手に、

「書いて消せる......」

と静かにつぶやく場面が。出演陣に微妙な笑いが起こる中、平氏は、「総理からしてみたら、総理は一回言ったら取り消せないんで」とフォローし、そのまま次の話題へと移った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中