2018年 8月 22日 (水)

フェイスブックCEO、英米主要紙に謝罪の全面広告

印刷

   フェイスブック(Facebook)の利用者の個人情報が大量に流出した問題で、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は2018年3月25日、英米の主要紙に謝罪の全面広告を掲載した。複数のメディアが26日、報じた。

   この問題では、フェイスブックの利用者5000万人以上の個人情報が、2016年の米大統領選でトランプ陣営が利用していた英データ会社に不正流出したことが報じられている。ザッカーバーグ氏は21日、自身のフェイスブックで「われわれには皆さんの情報を守る責任があり、それができなければ(情報を取り扱う)資格はありません」などと説明。一方ツイッターでは、フェイスブックのアカウント削除を呼びかけるハッシュタグ「#DeleteFacebook」を付けた投稿が増加していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中