2018年 5月 22日 (火)

「そだねー」の商標登録 六花亭より北見工大の方が2日早かった

印刷

   平昌五輪のカーリング女子日本代表の「LS北見」の選手たちが口にしている「そだねー」という言葉について、北見工業大学の生活協同組合が2018年2月27日に商標登録の申請を行っていたことがわかった。商標登録を巡っては、六花亭製菓(北海道帯広市)が3月1日に申請を行っていることが報じられ、ネットなどで話題となっていた。

   北見工業大学の生活協同組合で専務理事を務める白岩研治さんは、3月27日のJ-CASTニュース編集部の取材に対し、一連の報道内容について事実であることを認め、

「『LS北見』の鈴木夕湖選手が本学出身ということもあり、カーリングの認知度を高めたいという狙いは常にありました」

とし、

「そのため、以前より『そだねー』と書かれたTシャツを作ることを検討していました。ただ、平昌五輪での活躍もあり、『そだねー』という言葉がかなり有名になりました。もし先に商標登録されてしまった場合、Tシャツの制作が難しくなると懸念されたため、急いで商標登録の申請を行いました」

と、その経緯を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中