2018年 6月 19日 (火)

指原・まゆゆ不在、新女王は「彼女」だ 「AKB総選挙」を徹底分析・大予測

印刷

   AKB48グループ恒例の選抜総選挙(2018年6月16日開票)の立候補が3月27日に締め切られ、候補者339人が出そろった。

   18年で10回目の開催で「世界選抜総選挙」をうたい、台湾・台北やタイ・バンコクの姉妹グループメンバーが参加する一方で、圧倒的な得票数を誇ったHKT48の指原莉乃さん(25)ら、17年の上位2人は出馬しない。そんな中で、18年の上位7位の「神セブン」はどうなりそうか。AKB48グループを長く取材しているJ-CASTニュース編集委員が予想した。

  • 2018年の顔ぶれはどうなる?(2017年6月撮影)
    2018年の顔ぶれはどうなる?(2017年6月撮影)

松井-宮脇の3万票差はどうなるのか

   17年に初の3連覇を果たした指原さんは事前の宣言通り不出馬で、2位だった渡辺麻友さん(24)は17年いっぱいでグループを卒業。かつては「神セブン」の一角を占めた柏木由紀さん(26)、NMB48山本彩さん(24)は2年連続の不出馬だ。

   こういった状況で、18年の上位争いで最初に焦点が当たるのが17年に3位と4位だったSKE48の松井珠理奈さん(21)とHKT48の宮脇咲良さん(20)だ。それぞれ得票数は11万3615票と8万2803票で一定の差があり、2人が17年時点での人気を維持するとすれば、松井さんが優勢だと言えそうだ。

   宮脇さんは、この1年でラジオのレギュラー番組が始まり、ユーチューブの動画配信にも参入し、仕事の幅を広げた。そんな中、17年は24万6376票あった「指原票」の行方に注目している。17年12月7日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ系)で、

「3位の珠理奈さんと3万票差があるので、6万票が入ると勝てる」

と分析。18年1月8日の成人式イベントでも、

「今年までは、さっしーのファンの方も応援してくださるんじゃないか」

と「指原票」獲得に意気込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中