2019年 10月 17日 (木)

紅蘭「事実と異なる」 週刊新潮「仮病ドタキャン疑惑」に反論

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優・草刈正雄さんの長女で、タレントの紅蘭さん(28)が「週刊新潮」に載った自身に関する記事をめぐり、「事実と異なることで私を含め関係者の皆様が困っています」とインスタグラムで主張した。

   2018年3月29日発売の同誌4月5号では、紅蘭さんがテレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の収録をドタキャンしたと報道。記事では関係者のコメントを引く形で、紅蘭さんが「仮病」で休んだとの疑惑が浮上しているとしていた。だが、本人はこのインスタで「仮病」説を否定した。

  • 紅蘭さんのインスタグラムから(画像はスクリーンショット)
    紅蘭さんのインスタグラムから(画像はスクリーンショット)

「なんだよ、仮病だったのか」との声

   週刊新潮の記事では、番組関係者のコメントを引く形で以下のように報じた。

   収録開始前日の2月23日、紅蘭さんのマネージャーから「腹痛のために行けない」と連絡があり、スタッフは女優・小野真弓さんを代役に立てた。収録は予定より1日遅れの25日に開始。ただ紅蘭さんは翌26日、愛犬とオープンカーでドライブを楽しんでいる写真をインスタに公開しており、スタッフの間で「『なんだよ、仮病だったのか』という不満の声が上がった」という。

   記事では、紅蘭さんのこのほかのプライベートにも触れつつ、地の文で「仕事にチャランポランであるとなれば、芸能界を干されてもおかしくない」と記述。ちなみにウェブ版に配信した記事の見出しは「仮病で『バス旅』ドタキャン疑惑」だった。

   「週刊誌さんに記事にして頂いたものが事実と異なることで私を含め関係者の皆様が困っています」。紅蘭さんは3月29日、インスタグラムでそう訴えると、2月23~26日までの「真実をお話ししたいと思います」と切り出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中