2020年 8月 13日 (木)

20代で年収1000万円超、仕事中もジム通い オフィス北野は「超ホワイト企業」だった?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   ビートたけしさん(71)の「オフィス北野」独立騒動で、「たけし軍団」の古株である井出らっきょさん(58)が同事務所の若手社員の超高額年収に対する不可解さをあらわにした。

   井出さんは2018年4月3日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で内情を明かした。明らかに「何もしてないだろう」という20代のマネジャーが1000万円以上の年収をもらっていると暴露したほか、それにもかかわらず、仕事中に「事務」作業ならぬフィットネスの「ジム」に行く社員もいたとして「ふざけんな」「ありえない」と激怒した。

  • ビートたけしさん(2015年撮影)
    ビートたけしさん(2015年撮影)
  • ビートたけしさん(2015年撮影)

森社長に「冷たい」

   1日にたけし軍団の各メンバーがブログで出した声明文によると、森昌行社長(65)が必要な手続きを経ずに株式を大量取得して筆頭株主となり、会社の経営を「私物化」しているとたけしさんが指弾。怠っていた「たけし軍団のプロモーションに注力」することも含め、経営方針を「師匠(=たけしさん)が指示されました」という。ところが森社長ら事務所側はこうした「約束」を果たさず、「結果、井手らっきょが活動拠点を熊本に移さざるを得なくなるような状況」になったと主張する。

   井出さんは「とくダネ」の取材で、事務所が東京での仕事をプロモーションされなかったかどうかについて「それはそうですよね」とうなずいた。ただ「まあ、仕事をとれなかったのは芸人として自分の力がなかったことなので誰も責められない。ただ、事務所が僕だけでなく他のタレントもプロモーションしてくれればよかったのにな、というのはある。それで熊本で頑張ろうという気にはなった」と話した。故郷の熊本ではレギュラー番組2本が決定しているのに加え、自身がマスターをつとめるバーも開店予定という。

   井出さんは帰郷にあたって当然、社長にも話そうとしたが、こんな扱いを受けたと明かす。

「森社長に電話して、お話ししたいことがあるといったら、『僕はそういう立場ではありませんから』と切られた。それが冷たいなと思って、なんで話聞いてくれないの。社長ともう30年一緒ですよ。そのことに関しては、たけしさんも『それはないだろ』と」

   事務所のマネジャーの超高額給与についても不可解な思いをあらわにし、矢継ぎ早にぶちまけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中