「嘆きのボイン」で一世風靡 月亭可朝さん死去

印刷

   落語家の月亭可朝さんが2018年3月28日3時28分、急性肺線維症のため兵庫県内の病院で死去した、と4月9日、上方落語協会が公表した。80歳だった。

   林家染丸に入門、その後桂米朝の門下に入った。カンカン帽と弾き語りで人気が出て、1969年に「嘆きのボイン」が大ヒットした。

   1971年、2001年の二度、参院選に立候補したものの落選。その後、女性問題などで騒がれるなどした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中