2020年 1月 20日 (月)

アギーレなら、こうはならなかった?ハリル「コミュ不足」解任

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   「選手とのコミュニケーションや信頼関係が、多少薄れてきた」――サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督の解任発表会見で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、こう指摘した。

   田嶋会長会見では、解任された前任のハビエル・アギーレ氏の名前も出てきた。ツイッターでは、もしアギーレ監督のままだったら、今頃チームはどうなっていただろうか、といったつぶやきも見られた。そのアギーレ氏は、解任後2年経ったインタビューで、日本代表の一部の選手から代表戦に招かれるなど、良好なコミュニケーションを続けていることをうかがわせるエピソードも語っていた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「八百長問題が無かったら、どこまで行けてたのか」

   2018年4月9日、田嶋会長はハリルホジッチ監督の解任を発表した。「前任のアギーレ監督の契約解除の後、非常に短い時間でチームを作り、そして見事にW杯予選を突破するということを実行してくれました」と、就任の経緯を振り返りつつ、予選突破の成果を評価。その上で、

「(3月後半にあった)マリ戦、そしてウクライナ戦、この試合の期間、後において選手とのコミュニケーションや信頼関係が、多少薄れてきたこと」

を指摘、さらには、これまでの様々な要因を総合的に判断して解任との結論に至ったと説明した。

   田嶋会長が触れた「前任のアギーレ監督」は、2014年8月に就任した。しかし、スペイン1部リーグ監督時代の八百長疑惑が告発されたことを受け、15年2月に解任された。約半年間の代表監督だった。

   ハリルホジッチ監督の解任劇を知り、アギーレ氏を思い出した人もいたようで、ツイッターには、


「アギーレを呼び戻さないと」
「アギーレの八百長問題が無かったら、どこまで行けてたのか気になる」

といった「つぶやき」も寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中