2018年 9月 24日 (月)

宇野昌磨もプレイ...10代中心に人気過熱 「荒野行動」訴訟バトルの行方は

印刷

   大勢のプレイヤーが1つのフィールドを舞台に闘って勝者を決める「バトルロイヤル」形式のゲームが、近年人気を集めている。このジャンルの代表作が17年3月に発売された韓国の「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUND」(以下、PUBG)で、高い支持を受けている。

   売り上げ本数が3000万本を超えるほどの人気を誇るPUBGだが、一方で、ほぼ同様のシステムを持った後発ゲームが登場し、市場を奪われる形になっている。中でも、登場直後から「酷似」指摘が上がっていたのが中国のスマートフォンゲーム「荒野行動」だ。PUBGは155ページに及ぶ訴状の中で「荒野行動」の著作権侵害を指摘し、アプリの配信停止などを求める訴訟を起こしたが、「荒野行動」側は「虚偽提訴」と真っ向から否定し、強気な反応を返している。

  • 「酷似」訴訟の行く末は…(画像はPUBGと荒野行動の公式サイトから)
    「酷似」訴訟の行く末は…(画像はPUBGと荒野行動の公式サイトから)

公称「2億ダウンロード」の大ヒット

   PUBGは、PC版を中心にXbox One版でも展開しているバトルロイヤルゲームで、17年の発売以降、競技性の高さで本場韓国だけでなく日本や中国といったアジア圏でも人気を博している。日本版だと勝者に対し「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というダジャレを交えた独特なメッセージが表示されることでも注目を集めた。

   17年3月の先行版発売後、バトルロイヤルゲーム人気の火付け役となり、12月の正式版リリース以降も順調にプレイヤー層を拡大している。ゲームプラットフォーム「Steam」の統計サイト「SteamSpy」によると、18年4月時点での売り上げ本数は全世界で3000万本を超えているという大ヒットゲームだ。

   このPUBG側から、著作権侵害を訴えられ、アプリの配信差し止めなどを求められているのが、スマートフォンアプリ「荒野行動」などを開発する中国の「NetEase」だ。

   「荒野行動」はPUBGとは異なって基本利用無料のスマートフォンアプリで、ゲームシステムに加え、100人のプレイヤーが無人島で武器を集めながら生き残りを競うルールなどの類似点から、ネット上では「スマホ版PUBG」などとも呼ばれ、「パクリ」ではないかという指摘も上がっていた。一方で、基本無料、スマホでプレイできるという手軽さが話題を呼び、公称2億ダウンロードを突破している。

   平昌五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨選手の弟の樹さんが、兄弟でプレイしていることをテレビで明かしたことでも話題になるなど、日本でも10代を中心に人気が拡大中だ。

荒野行動側は「虚偽提訴」と対決姿勢

   その荒野行動に対して、PUBG側が訴訟を起こしたのは2018年4月2日。海外メディア「Torrentfreak」が5日報じた155ページに及ぶ訴訟文によると、PUBG側はゲーム内の数々の要素が酷似していることを指摘し、

「PUBGは被告の侵害行為により、回復不能な被害を負った」

と主張。「荒野行動」および同社の「Rules of Survival」のすべてのバージョンをアプリストアから削除することを求めた。

   この訴訟について国内の複数のメディアが報じると、ツイッター上では「荒野行動」の公式アカウントになりすましてサービス終了のデマを流すいたずらが流行し、公式アカウントが

「非公式の情報を信用しないで下さいますよう、お願い致します」

と否定するなど、情報が錯そうしていた。

   デマを否定した6日のツイート以降、新たな情報は無い状態が続いたが、8日、荒野行動は訴訟に対しての正式なメッセージを発表し、

「『荒野行動』は弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲームです。弊社は常に技術革新を重視しており、会社の核心的な開発力としても確立しております」 「『荒野行動』を開発する過程では、沢山の要素を組み込んでおります。例えば、オリジナルの遊び方、設計、風景等があります」

と、オリジナルであることを強調し、

「『荒野行動』のイメージを侵害する虚偽提訴およびデマに対して、弊社はあらゆる適切な法的措置を講じる権利を有しています」

と、訴訟自体を「虚偽」と切り捨て、対決姿勢を打ち出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中