2018年 10月 24日 (水)

違法コンテンツと「知ってても見ちゃう」若者 「漫画村」騒動で「罪の意識ないのかね」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   海賊版サイト「漫画村」の違法コンテンツが閲覧できない状態になっている騒動で、もしサイトが消えたとしても第2、第3の漫画村が現れるのではと、ネット上で懸念する指摘が出ている。

   テレビのインタビューでも、違法でも読みたいと堂々と言う人が次々に出てきたからだ。

  • 漫画村のトップページ
    漫画村のトップページ

テレビのインタビューで、「困ります」と断言

   「現在漫画村はメンテナンス/もしくは負荷が高い状態です」。漫画村は、2018年4月11日、アクセスするとこんな表示が現れたり、なかなかつながらなかったりする状態になり、「閉鎖したのか」といった声や管理人の逃亡説まで出る騒ぎになった。グーグルで検索しても、結果に上がりにくい状態も続いた。今後の見通しは不透明なままだ。

   ネットテレビのニュース番組「Abema Prime」では、11日の放送でこの騒ぎを取り上げ、漫画村利用者ら若者の声を紹介した。

   街角インタビューで、違法だから閉鎖は当然などとする人もいたが、漫画村にアクセスできなくなったことを嘆く人も見られた。

   ある女子大学生(18)は、「悲しい...悲しいみたいな。え~どうしようこれから...みたいな」と戸惑いを見せる。また、別の男子大学生(18)は、「困ります」と話した。「普通に無料で見れたのはありがたかったんで。違法と知ってても、見ちゃうっていうところはあったんで」とも漏らした。

「漫画村の代わり」のサイトがネタに

   インタビューで顔出しして答えたことに対し、ツイッター上では、「罪の意識がないのかね」などと驚きの声が上がった。一方、周りの友人達のほとんどが漫画村を支持しており、罪悪感は見られなかったとの報告も出ていた。

   漫画の海賊版サイトは、ネット調査会社の調べで、2018年1月に推定で月間30万人が利用していると報じられている。たとえ、漫画村がなくなっても、第2、第3のサイトが現れるのではないかとの指摘は多い。

   そんな見通しを知ってか、ネット上では、「漫画村の代わり」のサイトがネタとして使われている。

   「漫〇村の代わりになる超絶神サイトを発見した」「皆にはコッソリ教えちゃうけど、漫画村の代わりはこれ」などとうたって、代わりとは思えないサイトに誘導したりするケースも次々に出ている。中には、無料で読める教科書や論文などのサイトを紹介して、この機会に教養を深めるように勧めるブログもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...