麻生財務相「事実ならアウト」 次官のセクハラ報道

印刷

   麻生太郎財務相は2018年4月13日の閣議後の会見で、福田淳一・財務省事務次官が女性記者に対しセクハラ発言を繰り返したとの疑惑を週刊誌で報じられたことについて、「事実だとするなら、それはセクハラという意味ではアウトだ」と述べた。

   処分については「今の段階で処分を考えているわけではない」と言及した。

   12日発売の週刊新潮(19日号)で、福田氏が複数の女性記者に対してセクハラ発言をしていたと疑惑が報じられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中