「ネリはダメ、比嘉OK」は許されるのか 体重超過「擁護」に青木真也「しょっぱい」と異議

印刷

   日本ボクシング史上初めて「体重超過」で世界王座を剥奪された比嘉大吾には厳罰処分が見込まれているが、大幅な体重超過の末に山中慎介を破ったルイス・ネリとの比較で、比嘉を擁護する意見がある。

   元世界3階級王者の長谷川穂積氏は「ネリは明らかに楽をし余裕を残し計量したのに対し、比嘉選手は汗が一滴も出ないぐらい限界の減量だった」と、比嘉の置かれた立場を慮った。だが、総合格闘家の青木真也は「評価のモノサシに好き嫌いが入っている」として、こうした擁護に反発した。

  • 比嘉大吾の公式サイトから。
    比嘉大吾の公式サイトから。

長谷川穂積「汗が一滴も出ないぐらい限界の減量だった」

   世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者だった比嘉は2018年4月14日、クリストファー・ロサレス(ニカラグア)とのタイトル戦の前日計量で、リミット(50.8キロ)から900グラムのオーバー。2時間後に再計量が行われる予定だったが、所属する白井・具志堅スポーツの具志堅用高会長が1時間半の時点で「汗一つ出ません」と断念し、王座剥奪が決まった。ロサレスは一発パスしており、比嘉も当日計量はリミット(55.3キロ)を600グラム下回ってパスし、15日の試合開催が決定した。

   比嘉は勝っても王座奪取とはならないが、日本新記録の16戦連続KO勝利もかかった。だが、試合を終始有利に進めたのはロサレスだった。リズムよくコンビネーションを繰り出し、一方の比嘉は単発ばかり。フジテレビの中継で伝えられたところでは、2ラウンド(R)終了時点でロサレス陣営は「もう勝てる」と言って送り出した。

   比嘉の劣勢は明らかだった。8Rを終えて開示されたジャッジは76-76、75-77、73-79と遅れを取り、比嘉陣営は9R1分すぎに棄権を選択。会場の横浜アリーナは静けさに包まれた。比嘉は王座も連続KO記録も失った。具志堅会長は報道陣に「私の責任」と語っている。

   試合間隔を3~4か月は空けるのが一般的な現代のプロボクシングにあって、比嘉は具志堅会長らの判断で、約2か月の短さでこの試合に臨んだ。1か月余りで約12キロ減量しなければならなかった。比嘉は17年5月の王座獲得戦でも過酷な減量を経験し、心身の負担からパニック障害も起こしたという。フライ級より2階級上のバンタム級(体重にして約3キロ多い)でやりたがっているとの話もある。

   元世界3階級王者の長谷川穂積氏は、15日の試合前、インスタグラムで「比嘉選手計量オーバー もちろんあってはならないこと。短いスパンの試合は減量にとってはプラスになることが多いが、今回みたいにマイナスになる場合考えられることは、前回の減量の過酷さをリセットする前に試合が決まったことかもしれない」と責任を問いつつ、

「これは勝手な意見だかネリと違うところはネリは明らかに楽をし余裕を残し計量したのに対し、比嘉選手は汗が一滴も出ないぐらい限界の減量だったということ 比嘉選手をかばうわけではないがフライ級の減量は毎回もうギリギリの戦いだったと思う」

と、ルイス・ネリを比較に出した。

「評価のモノサシに好き嫌いが入っている」

   ネリは王者として臨んだ3月1日のWBCバンタム級タイトルマッチで、前日計量を2.3キロもオーバー。再計量では1キロ落としたがパスできず王座を剥奪された。当日計量をクリアし、山中慎介を相手に一方的な試合を展開。2RでTKO勝ちした。必死で減量した山中と比べ、大幅な減量ミスのネリには日本のボクシングファンから激しい批判が渦巻いた。

   ただ、「減量失敗」という点ではネリも比嘉も同じ。総合格闘家の青木真也は長谷川氏の意見に異を唱えている。ツイッターの匿名質問箱で、長谷川氏の上記コメントを引用した「『減量失敗』これに尽きるだけじゃないですか? 世論の反応が楽しみですね。汗が出なくなるまで彼は頑張った、等の美談にするような事はやめてほしいと感じます」という投稿が届くと、青木は15日、

「はい。結果が全て。評価のモノサシに好き嫌いが入っているのでしょっぱいなと思います」

と答えた。14日に比嘉の体重超過に対しても、

「ネリの逆パターンなのですが、世論がどうなるか興味深いです」

と投稿していた。ネリが山中を倒した時も、青木は「怒るのはいいのよ。ただ認めてやるべきだし、強かったでしょ。それをくさすのは違うだろって話」と、過熱するネリ批判に一石を投じている。

   日本ボクシングコミッション(JBC)はネリに対し、「悪質」だとして日本でのボクシング活動を永久に停止する「永久追放」処分を下した。なお、ネリは17年8月の山中との試合でドーピング疑惑があったという経緯もある。

   青木は16日のツイッターで、

「比嘉選手の計量ミスにどう処分が下されるか。前回のネリ選手はダメで、比嘉選手はオッケーは理屈が通らないので。ボクシング界のお手並み拝見の部分はあります」

と投稿している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中