2018年 11月 18日 (日)

日テレ系・熊本県民テレビ セクハラで社長退任

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   日本テレビ系列の熊本県民テレビ(KKT、熊本市)は2018年4月16日、梅原幹社長が同日付で取締役に退き、片岡朋章会長が社長を兼任する人事を発表した。

   同社総務局は16日、J-CASTニュースの取材に「ハラスメント行為が発覚し、倫理規定違反に認定したためです」と退任理由を説明。3月下旬ごろに内部告発があり、社内のコンプライアンス委員会で調査したところ、梅原氏が大筋で認めたという。

   セクハラの相手や内容については「被害者のプライバシーの観点から回答を控えさせていただきます」とした。

   梅原氏は日本テレビ出身。日テレではドラマ「星の金貨」シリーズや「行列のできる法律相談所」などの人気番組を手掛け、17年6月にKKT社長に就任していた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中