2018年 7月 20日 (金)

日テレ系・熊本県民テレビ セクハラで社長退任

印刷

   日本テレビ系列の熊本県民テレビ(KKT、熊本市)は2018年4月16日、梅原幹社長が同日付で取締役に退き、片岡朋章会長が社長を兼任する人事を発表した。

   同社総務局は16日、J-CASTニュースの取材に「ハラスメント行為が発覚し、倫理規定違反に認定したためです」と退任理由を説明。3月下旬ごろに内部告発があり、社内のコンプライアンス委員会で調査したところ、梅原氏が大筋で認めたという。

   セクハラの相手や内容については「被害者のプライバシーの観点から回答を控えさせていただきます」とした。

   梅原氏は日本テレビ出身。日テレではドラマ「星の金貨」シリーズや「行列のできる法律相談所」などの人気番組を手掛け、17年6月にKKT社長に就任していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中