2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

イラク日報、「戦闘」記述はあるもののネット民は「ほのぼの日記」に注目

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   一度は「存在しない」とされた陸上自衛隊のイラク派遣時の活動報告(日報)。防衛省は2018年4月16日、計435日分、約1万5000ページ分の日報を公開した。

   何が書かれているのか。「戦闘」や「銃撃戦」の記述もある半面、ネットでは「ウインクしてくれるのはオジさんばかり」などといった日常について記述が注目を浴び「ほのぼの日記」だとされている。

  • 日報を公開した防衛省。日報の受け止めは様々だ
    日報を公開した防衛省。日報の受け止めは様々だ

朝日新聞が全ページをスキャンしてPDFで公開

   政府は04~06年の派遣期間中、自衛隊の活動地域を「非戦闘地域」に限ると説明しており、18年4月17日の参院外交防衛委員会では、この点と日報の齟齬が問題視された。小野寺五典防衛相は

「自衛隊が活動した地域は、いわゆる『非戦闘地域』の要件を満たしていたものと考えている」

と反論した。

   朝日新聞は公開された日報の全ページをスキャンしたPDFファイルで公開した。

   戦闘関連以外で目立つのが、現地で一緒に活動した他国部隊をめぐる「お国柄」に関するものだ。06年7月5日付の「バグダッド日誌」では、米国の独立記念日(7月4日)について、

「ここバグダッドでは『照明弾やヘリのフレアー(編注:金属製の粉末)がいつもより多く炊かれるのではないか?』と冗談を言っていたが、昨晩は本当に激しくフレアーが炊かれていた」

と、米軍が花火の代わりにフレアーで記念日を祝ったことを紹介し、米英の微妙な関係にも触れた。

「アメリカがイギリスから独立したわけであるが、同じコアリションの仲間としてお祝いするにも何かと気を使うだろうと感じていた。しかしながら日本人的な心配をよそに、米軍人は『能天気』に独立記念日を祝っており、英軍人が冷ややかに眺めているのが印象的であった」

   05年10月23日付の「バスラ日誌」では、イタリア人の送別会が話題に。

「イタリア人は日本が好きで、何かあるたびに招かれます。アルコールも入ってきて上機嫌になると過去の同盟ネタになることも。『今度も一緒にやろうぜ。』と言われ、笑いながら心の中で『No』と答える。友達にするには陽気でいい人たちですが...一緒に銃をとって戦うかと言われると躊躇する。国民性は、時代を経てもあまり変わらないんだなと思います」

「ウインクするのは、額の面積が通常より広いオヤジか、ヒゲヅラのオッサンばかり...」

   05年11月3日付の「バグダッド日誌」では、「挨拶あれこれ」と題して、「ウインク」事情を説明した。

「きれいな金髪の女性が『ウインク』してくれれば、うれしいのだが、残念ながらウインクするのは、額の面積が通常より広いオヤジか、ヒゲヅラのオッサンばかり...。オッサンが相互のウインクする光景の中に自分がいることが許せないから、私がウインクしたことは一度もない」

食生活に関するものもある。06年6月2日付の「バグダッド日誌」によると、日々の米軍仕様の食事には

「この暑さでステーキ、フライドチキン、ハンバーガーではさすがに皆の食欲も落ちてきて、グロッキー気味である」

と、うんざりした様子。素麺つゆ、揖保乃糸、氷を調達し、久々の日本食を楽しんだ。

「冷たい喉ごしの素麺を心ゆくまで味わった。食べた量はというと、5人で24人前の素麺を一気に平らげ、食後は身動きがとれないほどであった。久しぶりに『日本』を感じることの出来た楽しい一時であり、すっかり暑気払いをすることができた。明日からはまたハンバーグを頬張りながらお国のために頑張りたい」

「ドンという音がして、キーンという飛翔音らしきものが」

   そんなのどかな日常のなかに、緊迫した状況を伝える記述も少なくない。06年4月5日の「バスラ日誌」には

「これからどんな未知との遭遇が待っているのだろうか。などと考えている時、警報が鳴り現実に引き戻された。ロケット弾1発、攻撃9回、20発目。警報が解除され、報告を終えて宿舎にもどり、そろそろ寝ようと思っていたら、ドンという音がして、キーンという飛翔音らしきものが聞こえた」

とある。こういった日報の内容はツイッターなど拡散され、現地部隊の実情を伝える貴重な資料だとして評価する声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中