2018年 7月 22日 (日)

TBS紹介「おいしいアボカドの見分け方」に議論 「押してみる」はマナー違反なのか

印刷

   TBS系バラエティ番組「マツコの知らない世界」で、スーパーでのフルーツの選び方を特集したところ、「劣化の原因になるのでは」などとネット上で反発の声も出て、論議になっている。

   2018年4月17日夜の放送では、「8年間果実のみで生きる男」として「フルーツ活動家」の中野瑞樹(みずき)さん(42)がゲスト出演し、春のフルーツについて解説した。

  • フルーツの選び方でネット論議に(写真はイメージ)
    フルーツの選び方でネット論議に(写真はイメージ)

「アボカドは、押して柔らかいのを避ける」

   「スーパーで失敗しないフルーツの選び方」のテーマでは、岡山県内のスーパーに協力してもらい、中野さんが果物売り場で実際に選び方を指南した。

   例えば、ブドウは、水分の蒸発を防ぐ白い粉のブルームが吹いている方が鮮度はいい、リンゴは、硬めで酸味が強い縦長と柔らかめで甘味が強い横長を好みで選ぶべき、バナナは、同じ品種なら細長いものより太いものの方が甘くなる、などと紹介した。

   キウイについては、買った後にすべきらしい果実の熟し方を解説した。中野さんによると、テーブルなどでコンコンコンと3回ぐらい軽く叩くと、早く食べごろになるという。

   一方、議論を呼んだのはアボカドだ。中野さんは、上のへたの部分だけ押してみることを勧めた。アボカドを切ってみると、中が真っ黒になっていたり、カビがいっぱい生えていたりすることも多いという。それを避けるために、押して柔らかければ避けた方がいいとアドバイスした。

   番組内容は、ツイッター上などで話題になり、様々な意見が書き込まれている。その中で、テレビで選び方を教えると、触ったり叩いたりして果物が傷んでしまいお店が迷惑する、との投稿が注目を集め、1万件以上もリツートされている。

「アボカドは押すと劣化する」とのスーパーも

   果物を触ったりすることについて、「見た目だけじゃ判らない」などと理解する向きもあった。しかし、「買物のマナーを知らない人」「後から買う者の気持ちも良くない」などと、疑問や批判も多かった。

   番組に協力した岡山県内のスーパー店長は4月18日、J-CASTニュースの取材に次のように話した。

「実際に果物を触らないと分からないところがありますので、仕方がないと考えています。果物を引っ張り出したりすることで、店が困るということはありませんね。お客さまが選ぶことを最優先に考えており、食べる方のお考えでされることですので、店として何か言うことはないです」

   一方、東京都内のあるスーパーに取材すると、店長はこう明かした。

「基本的に、触られることはあまりよろしくないですね。アボカドは、押されたところから変色して鮮度が劣化しますので、押してほしくないと思っています。果肉の硬いリンゴなど変色しにくく触ってもいいものはありますが、モモは指形がつきますし、バナナは黒くなってしまいます」

   ネット上では、触らないよう貼り紙がしてあるスーパーがあったとの声のほか、逆に触って確かめてもいいと言われたとの報告もあり、店の考え方にもよるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中