2018年 7月 23日 (月)

米誌タイム「世界で最も影響力のある100人」に安倍首相と孫氏

印刷

   米誌タイムは2018年4月19日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、日本からは安倍晋三首相とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が選ばれた。

   安倍首相が選ばれるのは14年に次いで2回目。選評ではオーストラリアのターンブル首相が、「自信に満ちた力強い指導力で日本経済を甦らせた」との評価を寄稿した。

   ほかにはトランプ米大統領、中国の習近平国家主席、韓国の文在寅大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長、銃乱射事件が起きた米フロリダ州の高校の生徒らが選ばれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中