2019年 7月 16日 (火)

フィリップ・モリス、日本での「IQOS」不振で株価暴落

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   米たばこメーカー「フィリップ・モリス・インターナショナル」の株価が2018年4月19日(現地時間)、前日比で15%下落した。同日発表した2018年1~3月期決算が市場予想を下回ったためだ。

   米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」が、有望市場である日本で販売不振だった点を低調の要因だと分析する。19日配信の記事では、IQOSが日本のたばこ市場の3%ほどしかシェアを獲得できておらず、前四半期から0.5%しか増えていないと伝えている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中