2018年 7月 20日 (金)

「アンジュルム」ラジオにHKT48メンバーが投稿 「思わず泣いてしまいました」

印刷

   アイドルが、ラジオ番組に投稿することは珍しい。その番組が、他のグループのものならなおさらだ。2018年4月22日深夜(23日未明)、その「珍事」が起きた。

   HKT48の豊永阿紀(とよなが・あき)さん(18)は、ハロー!プロジェクトの「アンジュルム」のファンで、HKTがコンサートで仙台に行った際にアンジュルムに遭遇。その興奮をメールにつづって番組に送ったところ採用され、アンジュルムメンバーも、「うれしい。じーんときちゃいました」と感動。メールが読まれたことを知った豊永さんも「奇跡起きてた」と、大興奮だ。

  • HKT48の豊永阿紀さん。2017年の選抜総選挙では79位にランクインした(2017年6月撮影)
    HKT48の豊永阿紀さん。2017年の選抜総選挙では79位にランクインした(2017年6月撮影)

仙台市内のコンサート後に遭遇

   アンジュルムは09年に発足したアイドルグループで、今は10人で活動している。14年12月まで「スマイレージ」名義で活動していた。HKT48とアンジュルムは18年3月17日に仙台市内でコンサートやライブを開き、その帰りに両グループが偶然一緒になったようだ。その様子を豊永さんはラジオ番組「アンジュルムステーション1422」(ラジオ日本)に投稿。4月22日深夜の放送で取り上げられた。

   豊永さんにとって、アンジュルムと対面するのは初めてだといい、メールでは

「デビュー当時からずっと好きなアンジュルムさん。でも、一度も会いに行けないまま高校まで卒業してしまいました。まさか仙台で会えるなんて思ってもみなかったです。なぜなら、私は福岡に住んでいるから」
「本当にびっくりして、ずっとずっと大好きだったアンジュルムの皆さんが存在していて、思わず泣いてしまいました」

などと驚きと感動をつづった。

アイドルの「魔法のような力」を「私も使えるようになりたい」

   さらに、自分がHKT48のメンバーだと明かした上で、今後の活動への意気込みも披露した。

「力があふれて、何でもやれると思います。頑張ろうという気持ちがむくむくと育ってきました。アイドルという職業のすばらしさ、持っている魔法のような力を感じました。そして私も、使えるようになりたいと思いました。本当にありがとうございます」

   メールを読んだアンジュルムの佐々木莉佳子さん(16)、川村文乃さん(18)や船木結さん(15)は、

「うれしい。じーんときちゃいました」
「改めてアイドルという職業は、本当に太陽のような存在だなと思いました」
「同じ立場ですね。HKTさんと頑張ろうと思いました」

と、感心しきりだった。

「早寝したんですが、起きてたら奇跡起きてた( ; ; )」

   豊永さんは自分のメールが読まれたことを4月23日朝に気づき、ツイッターで

「今日は早起きだったので早寝したんですが、起きてたら奇跡起きてた( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )姉からライン来てた( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )ちょっと状況把握だけしてまだ聴けてないから、タイムフリーで聞いてきます。。。」
「ちょっとまって、準備してからにしよう、なにも手につかなくなりそう」
「ただ、見てもらえたらラッキーかなくらいで送っためちゃくちゃに長いメールを声に出して読ませてしまったと思うと、心の底から申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。でも心の底からうれしい。。。」

などと喜びを爆発させていた。

   豊永さんは16年に4期生としてHKT48に加入。写真撮影が趣味で、 自分の名前の「阿」の漢字がつく全国の名所をめぐってSNSに公開している。17年に初めて臨んだ選抜総選挙では79位にランクインし、18年は32位以内を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中