2018年 10月 22日 (月)

健康保険組合、6割超が赤字の見込み

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   企業の社員らが加入する健康保険組合のうち、6割超が18年度に赤字を見込むことがわかった。健康保険組合連合会(健保連)が2018年4月23日、発表した。

   健保連が全国1389組合のうち1372組合分の18年度予算を集計したところ、組合員が納める保険料などの収入が8兆 2195 億円(前年比2.06%増)、高齢者医療への拠出金などの支出が8 兆 3576 億円(同0.02%増)となり、全体では 1381 億円の赤字予算と予想。これは、全組合の6 割超にあたる866 組合に及ぶという。

   平均の保険料率は9.215%と11年連続で増え、過去最高に。赤字の主な原因は高齢者医療費を負担するための「拠出金」があるためで、健保連は「今後、団塊世代の高齢化が進めばより重い負担となることは確実である」と分析。その上で、「このままでは現役世代は高齢者の医療費を支えきれず、国民皆保険の崩壊が危惧される」と警鐘を鳴らし、国に拠出金負担の上限設定や高齢者医療費の負担構造改革を求めた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...