2018年 5月 25日 (金)

巨人・小林、夢叶う 首位打者以上にファンが涙したこととは

印刷

   プロ野球・巨人の小林誠司捕手(29)が、2018年4月24日の試合で首位打者に躍り出た。

   「巨人・小林、驚がくの打率リーグトップ」「2年連続最下位男が覚醒」などとメディアもこぞって取り上げたが、ファンの注目は「打順」にも注がれている。

  • コナミの公式ユーチューブチャンネルより
    コナミの公式ユーチューブチャンネルより

「夢か...夢叶えられて良かったな小林さん...」

   甘いマスクと強肩で知られる小林選手。17年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に選出されるなど球界屈指の捕手だが、課題は打撃面。

   打率は2割4厘(16年)、2割6厘(17年)――と2年連続で規定打席選手中リーグ最下位。今季のオープン戦でも27打数2安打と惨憺たる数字だった。

   しかし、蓋を開ければ打つに打つ。4月24日の中日戦で打率3割7分5厘と首位打者にのし上がった。ツイッター上では、

「まるで夢を見ているようだ・・」
「この時期とはいえ、小林の首位打者は嬉しいキセキですね」

と喜びの声で溢れたほか、

「夢か...夢叶えられて良かったな小林さん...」
「小林の夢叶う。打順っていうのは選手からしたら大事なもんやねんな」

といった言及も目立つ。

PR企画で夢を語っていた

   4月24日の中日戦、小林選手の打順は8番からプロ初となる7番に繰り上がった。この打順は小林選手の悲願だった。

   新作ゲーム「実況パワフルプロ野球2018」のPR動画(4月11日公開)に出演した小林選手。ゲーム上で巨人軍を操り試合をするという企画だったが、自身の打順をいつもの8番でなく7番に設定した。

   共に出演した菅野智之投手(28)からは、

「なんで7番にするの自分のこと」

と問われ、小林選手は笑顔で受け流す。菅野選手は続けて「夢?」と聞くと、照れくさそうに「夢...」と答えた。

   このやりとりが印象的だったためか、ファンからは前述の「夢叶えられて良かった」といった反響が多数寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中