2018年 8月 18日 (土)

大賞に「ゴールデンカムイ」、矢部太郎さんも短編賞 第22回手塚治虫文化賞

印刷

   朝日新聞が主催する第22回手塚治虫文化賞が、2018年4月25日発表され、年間のベスト作品に贈られる「マンガ大賞」に野田サトルさんの「ゴールデンカムイ」、斬新な表現やテーマの作品に送られる「新生賞」に板垣巴留さんの「BEASTARS」、「短編賞」に矢部太郎さんの「大家さんと僕」、マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈られる「特別賞」にちばてつやさんが選ばれた。

   「ゴールデンカムイ」は、明治の北海道を舞台にした冒険活劇。2014年から連載が始まり、18年4月からはアニメも放送されている。作者の野田さんは受賞に際し、「栄誉ある賞を頂きありがとうございました。これもひとえに男たちの美しい肉体を妥協なく描き続けた結果、その激しいトレーニング後の筋肉から放たれるような熱が審査員の方々に伝わったのだと、感無量の思いでございます」と賞公式ページにコメントを寄せている。

    特別賞を受賞したちばさんは、18年ぶりに単行本「ひねもすのたり日記」を刊行。18年4月からは、連載開始から50周年を迎えた代表作「あしたのジョー」を原案にしたアニメ「メガロボクス」が放送されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中