2018年 6月 19日 (火)

75歳でも医療費は2割負担  財務省が改革案を提示

印刷

   財務省は2018年4月25日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)を開き、75歳以上の医療費の自己負担を1割から2割に引き上げる案を提示した。

   現在、医療費の自己負担は70歳未満が3割(6歳未満は2割)、70歳~74歳までは2割、75歳以上は1割となっている。だが、団塊の世代が75歳以上となり始める2022年ごろには医療費の急増が予想され、現行の制度では現役世代に重く負担がのしかかる。

   そのため、審議会では高齢者が75歳になっても自己負担を2割のままにするよう改革案が示された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中