2018年 11月 17日 (土)

高木豊(59)、「YouTubeデビューしちゃいました」 オフには筒香も出演!?期待広がる

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   元プロ野球選手で、大洋ホエールズ(当時)の「スーパーカートリオ」の1人として活躍した高木豊さん(59)が、まさかの「YouTuber」デビューだ。

   「マジ?」「高木さん!?何やってんすか」――。2018年4月24日、初投稿となる動画がアップされると、ツイッターにはこんな困惑の声が飛び交った。本当に、いったいなぜYouTuberに? その理由は、本人が動画の中で説明していた。

  • 高木豊さんがYouTuberに(画像は4月24日の投稿動画より)
    高木豊さんがYouTuberに(画像は4月24日の投稿動画より)
  • 宇野勝氏の「ヘディング事件」を再現する企画も(4月25日の投稿動画より)
    宇野勝氏の「ヘディング事件」を再現する企画も(4月25日の投稿動画より)

「マジメばっかりで柔らかさのない野球にメスを」

   高木さんは24日、「YouTuberデビューしちゃいました」などと題した初投稿動画をアップ。その中では、18年10月で60歳を迎えるとして、「60歳を機にYouTuberとしてやっていきたいと思います」と宣言。その上で、

「野球の指導だとか、野球を別角度から楽しめないかな、と。なんか、マジメばっかりで柔らかさのない野球にメスを入れていきたい。高齢なんで、自分が動くことはなかなかできませんが、色んな人を使って、色んなことに挑戦してきたい」

とデビューの理由を明かした。

   また、今はYouTuberを利用している若者が多いと聞いたとして、「そこに俺が露出しないわけにはいかないんじゃないか」と笑う場面もあった。野球少年が減っている現実を踏まえ、自らがYouTubeを通じて状況を改善したいというのだ。

   今後の「助っ人」候補としては、普段から連絡を取り合う「大魔神」佐々木主浩氏、谷繁元信氏らプロ野球のレジェンドの名前を提案。さらには、DeNAの4番・筒香嘉智選手についても、

「オフになったら呼んでいきたいとは思います」

と宣言していた。

「宇野ヘディング事件を完全再現ww」

   翌25日には、

「【完全再現】実際にあった宇野ヘディング事件を完全再現ww」

と題した動画をアップ。プロ野球の「珍プレー」の代表格としても知られる、元中日・宇野勝選手が飛球をヘディングでエラーしたシーンを再現する内容だ。高木さんはボールを上げる側で、親交のある若手芸人がヘディングに挑戦している。

   さらに27日には、「【高木仕込み】神セカンドと称されるカープ菊池のプレーを完全再現w」として、高木さんが菊池選手と似たような動きを指導する動画をアップ。こちらは、比較的マジメな野球指南の内容だ。

   このように、ネットスラングの「w」を使うなど、若者に向けた動画をYouTuberとしてアップする高木さんの姿に、ツイッターやネット掲示板では、「は?!YouTuberになったの?」「マジかよ」といった驚きの声が。一方で、

「普通に面白い 無理のない程度に更新してって欲しい」
「何でもやってみるチャレンジ精神いいね」
「もうこっち専念で解説者やめてくれたらええんちゃう?」

などといった声も出ていた。

   そのほか、高木さんが動画に広告を付けていないことについて、「広告付けてないのかっこいいわ」と言及するユーザーも出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中