2018年 9月 23日 (日)

山口達也への「同情」発言止まらず 今度は元子役がブログで「業界的推察」載せ炎上

印刷

   元子役でライターの小川満鈴(みな)氏(25)が、TOKIOの山口達也メンバーの強制わいせつ事件について、「山口さんだけに非があるとは思えない」との持論をブログで展開した。

   さらに小川氏は、自身の経験も踏まえた「業界的な推察」だとして、被害に遭った女子高校生の所属事務所が絡んでいるかもしれない――などといった憶測まで飛ばしている。

   こうしたブログについて、インターネット上では批判が噴出しているが、なぜこのようなことを書くのか、その理由をJ-CASTニュースは筆者に取材した。

  • 山口達也メンバー
    山口達也メンバー

「タレント同士のそういうことって」

   問題視されたのは、2018年4月27日公開の「山口×メンバー×女子高生×どっちが悪い?×真実」と題したブログだ。

   女子高校生への強制わいせつ容疑で、TOKIOの山口メンバーが書類送検された事件(後に不起訴)を受けて書かれたもので、小川氏はまず「山口さんだけに非があるとは思えない」と主張。続けて、

「このお相手の高校生の方、今の時点での報道ですと半分タレントさんのような方らしいのですが、これがちょっと引っかかる」

との持論を展開。被害者の女子高校生について「大人の男性の家に、あっさりと行くという時点でちょっとおかしい」と疑問を投げかけた。

   その上で小川氏は、「業界的な推察です」と断りつつ、女子高校生が山口メンバーの自宅を訪れた理由について、その子の所属の事務所が関係していたかもしれないという憶測まで記していた。

   ブログには、女子高校生が山口さんから受けた被害を警察に訴えたこと自体を疑問視する記述も。「タレント同士のそういうことって、暗黙の了解でお互いがお互いのそういうのを口外しないというのがあります」とし、

「それをあっさりを破ってしまった高校生側の子、そしてその事務所のやり方、どうなんでしょう...」

とも書いていたのだ。

ライター本人に取材すると...

   こうした小川氏のブログについて、ツイッターやネット掲示板には、「想像でこんなこと言っていいの?」「被害者の行動について部外者がとやかく言うもんじゃない」などと違和感を覚えるユーザーが続出。なかには、

「全て憶測でよくもまあ 被害者をゲスな叩きできるな」
「被害者を悪く言うのは筋違いだよ それこそセカンドレイプじゃないか」

と厳しい批判を送るユーザーも出ている。

   いったい、どういう考えで今回のブログを書いたのか。J-CASTニュースが、小川氏本人に取材で尋ねると、「ニュースというのはもっと『引き』の目線で見ることが大事だと考えています」。その上で、

「今回の山口さんの件も、ただ40代の人間が高校生にキスをした。という文面だけを読めば、確実に山口さんだけに非があるように感じる『文章』です。でも、引きつつ深読みしていけばもっと他の角度の可能性もでてくる。それを今回は自分の経験や考えと共に掲載させていただきました」

と説明した。

   また、今回のブログの内容に否定的な意見が出ていることについては、自らの意見を「正論」だと考えている人もいるはずだとして、

「否定的なものに関しては、『なるほど、そういった考え方もあるんだ』という感想です。どんなものにも100人いれば100通りの考え方があると思いますし、私は今までの自分の経験というフィルターを通して発言をする以外はできません」

としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中