2019年 11月 18日 (月)

韓国国民「魅了」した北朝鮮と金正恩 急増64.7%が「信頼する」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   南北首脳会談を受け、韓国での北朝鮮に対する信頼感が「爆上げ」だ。

   世論調査会社「リアルメーター」が、首脳会談が行われた2018年4月27日、非核化や朝鮮半島の平和定着に対する北朝鮮の意思について聞いたところ、「信頼する」が64.7%に達した。過去の北朝鮮について「信頼する」と答えたのはわずか14.7%だ。会談を通じて、韓国国民の半数以上が北朝鮮への評価を肯定的に変えたことになる。別の調査では、北朝鮮が「非核化の意志がある」という回答が8割に迫っている。ただ、会談後の共同宣言では「非核化」の具体的内容が明らかになっておらず、あいまいなままだ。期待感が先行しているとも言えそうだ。

  • 「板門店宣言」に署名する両首脳。「完全な非核化」を目指すとした(画面は韓国・アリランテレビから)
    「板門店宣言」に署名する両首脳。「完全な非核化」を目指すとした(画面は韓国・アリランテレビから)

過半数が「以前は信頼していなかったが、今は信頼している」

   リアルメーターの調査は韓国内の成人男女500人を対象に行われ、4月30日に結果が公表された。北朝鮮の意思を「信頼する」という声64.7%に対して、「信頼しない」は28.3%。「分からない」は7.0%だった。過去の北朝鮮については「信頼する」14.7%、「信頼しない」78.3%だった。現在と過去の認識で大きな隔たりがあることが分かる。

   両者を比較した形で聞くと、最も多かったのが「以前は信頼していなかったが、今は信頼している」の52.1%。次に多かったのが「以前は信頼しておらず、今も信頼していない」が26.2%。「前も信頼しており、今でも信頼している」は12.6%、「前は信頼したが、今では信頼しないようになった」は、2.1%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中