2018年 5月 22日 (火)

イチロー取材、羽鳥がこぼした「大変だった」秘話

印刷

   大リーグ・マリナーズの会長特別補佐となったイチロー(44)について、羽鳥慎一アナウンサーが、過去にインタビューで交わしたという「お茶目」なやり取りのエピソードを明かした。

   チームメイトと和やかに談笑する姿がテレビでもたびたび映されるイチロー。気さくな人柄が伺えるが、羽鳥アナは2018年5月7日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、「日本にいた時は取材が大変でしたよ...」とこぼした。

  • マリナーズ公式サイトでは、イチローのルーティンは変わらないと伝えられている
    マリナーズ公式サイトでは、イチローのルーティンは変わらないと伝えられている
  • マリナーズ公式サイトでは、イチローの名前が「会長特別補佐」として「スタッフ」一覧の中にある
    マリナーズ公式サイトでは、イチローの名前が「会長特別補佐」として「スタッフ」一覧の中にある

「答えてくれない」

   イチローの特別補佐就任は日本時間4日に発表され、今季は試合に出場しないこととなった。だがマ軍は来季の選手復帰の可能性にも含みを持たせており、事実、イチローはこれまで通り練習を行うことができる。

   5日のエンゼルス戦前にもイチローは練習しながらチームメイトと談笑しており、同時に大谷翔平との一幕が話題となった。大谷が背後から走ってくると、イチローは直前でひらりと身をかわして退散してしまった。苦笑いして追いかけてくる大谷に、イチローは笑いかけながら今度こそ握手。この和気藹々として「鬼ごっこ」は日本のファンにも楽しまれた。

   こんな姿などから、「モーニングショー」では大リーグアナリストの古内義明氏が、「中南米の野球選手とも非常に仲が良くて、スペイン語も話すしスラングも駆使する」とイチローのコミュニケーション力を絶賛。クラブハウスでもチームメイトと楽しむ姿がよく見られるという。

   ところが、これに「かつて日本で取材した人から見たら本当かよと思うくらいのね」とボヤいたのが羽鳥アナ。スタジオの共演陣から意外そうに「そうなんですか?」と聞かれると、こんなエピソードを明かした。

「日本にいた時は取材が大変でしたよ...。答えてくれない。『イチローさんは頭に何を置いていつもプレーされているんですか?』と聞いたことがあるんですが、『帽子』と答えられました」

目標とする選手(人)は「ライト兄弟」

   大笑いのスタジオに、羽鳥アナは「嫌な人じゃないんですよ。非常に難しい、ストイックな方です。と、いう方がこうなっている。メジャーがそうさせたのか」と、ところどころ「毒」を含ませながら続けていた。

   突然明かされたエピソードに、ツイッター上でも「羽鳥さん、いいネタ持ってる」「すっごい草」「草生える返し方はさすが世界トップクラス」などと話題を呼んだ。

   イチローといえばプロ野球・オリックス時代からこのように洒落をきかせた受け答えをすることがあり、野球ファンにはお馴染みと言える。

   日本最終年の00年シーズン前に出版された「オリックス・ブルーウェーブ イヤーブック 2000」(オリックス野球クラブ)に掲載の一問一答では、昨季の良かったところを「台北」、目標とする選手(人)を「ライト兄弟」、今季の抱負を「ボウリング180点」、とそれぞれ答えるなど個性全開。またこの中で、「自分で一番好きなところ(チャームポイント)」という問いに、「人に食ってかかるところ」と答えていたのが興味深い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中