2019年 4月 19日 (金)

Aqua Timez解散で明かした苦悩 「自分たちを責めてきた」「実力ないのに名前だけ...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   5人組ロックバンド「Aqua Timez(アクア・タイムズ)」が2018年の活動をもって解散することが、18年5月8日に公式サイトで発表された。

   2006年にメジャーデビュー。「等身大のラブソング」などがいきなり大ヒット曲になり、06年と08年には紅白歌合戦出場も果たすなど活躍した。解散に当たってはメンバー全員が長文のメッセージを寄せており、ボーカルの太志さんは、「メンバー全員で話しあった結論です。ごめんなさい」とつづっている。

  • Aqua Timezが公式サイトで解散を発表した
    Aqua Timezが公式サイトで解散を発表した

「メンバー全員で話しあった結論です」

   公式サイトの発表文では各メンバーのコメントを掲載。太志さんは

「僕たちAqua Timezは2018年の活動をもって解散する道を選びました。メンバー全員で話しあった結論です。ごめんなさい」

と冒頭で解散を明言した。

   メンバーとの関係を

「結成から数えると15年。もともと音楽性の違いを理解しあってやってきて、だからこそ完成する一曲一曲が大好きでした。人間性の違いを乗り越えて、今一番4人のことが好きです。今まで自分たちを責めてきましたが、俺たち頑張ったよねって言い合える絆に変わっていきました」

とつづり、ファンに対しては

「ファンのみんな、一緒に歌ってくれたこと、下らない俺たちのMCで笑いあったこと、励まし合える関係になれたこと、Aqua Timezを広めようとしてくれたこと、何となく上がりきれなかった日も、何とかお互いに上げようとした日も、どれも宝物です。いつか歳を重ねてもみんなの口ずさむ曲がAqua Timezの曲だったらいいなぁってワガママを最後に残して、ほんとにありがとう」

と感謝の言葉を贈った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中