2018年 6月 21日 (木)

米・トランプ大統領、イラン核合意から離脱発表

印刷

   アメリカのトランプ大統領は、2018年5月8日(現地時間)、イランとの核開発問題に関する最終合意文書「包括的共同作業計画(JCPOA)」からの離脱を発表した。ホワイトハウスの会見でトランプ大統領は、「イランとの核合意はアメリカがこれまで受け入れてきたなかで最悪で、最も一方的な条約の1つだった」などと述べ、厳しく批判した。

   JCPOAはイランとイギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、中国、ロシアの6か国がイランの核開発を、制約をかけながら制裁を解除していくもの。2015年に採択されていたものの、イスラエルや米議会の共和党勢力がJCPOAには慎重な態度を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中