2019年 1月 23日 (水)

新潟・電車事故の女児死亡は「殺人事件」とみて捜査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   JR越後線(新潟県)で2018年5月7日、小学2年の女児が電車にはねられ死亡した。

   新潟県警は解剖の結果、死因は電車にはねられたことではなく、首を絞められたことによる窒息死だったことから殺人事件として捜査を開始した。

   女児は7日夕方に友人と帰宅しているところを目撃されて以降、行方がわからなくなり、同日夜に線路で電車にはねられた。

   県警では何者かが首を絞め殺害した後、線路に遺体を置いたとみて捜査を進めている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中