2018年 10月 22日 (月)

清宮が初ホームラン 7試合連続安打の新記録で「1軍定着」のウルトラCか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本ハムのドラ1・清宮幸太郎内野手(18)が、ついにやってのけた。2018年5月9日のオリックス戦(京セラドーム大阪)でプロ初ホームランを放ち、デビュー戦からの連続試合安打を「7」に伸ばした。1981年の原辰徳氏(巨人)らを抜く、ドラフト制後で単独トップの記録だ。

   しかも、清宮のHRは観客動員に貢献する――。既に2軍戦で、それが実証済みだ。こうなると栗山英樹監督が「2軍育成プラン」を明かした後とはいえ、清宮を1軍に置いておきたくなるかもしれない。

  • 清宮幸太郎内野手(写真は2017年7月の早稲田実業高時代)
    清宮幸太郎内野手(写真は2017年7月の早稲田実業高時代)

「一発が出始めれば...」

   各スポーツ紙の報道によると、栗山監督は7日、報道陣に清宮の「2軍育成プラン」を明かした。「完全に未定」とした上で、「一回、落とさないといけないとも思っている」と登録抹消の可能性を示唆した。

   清宮は8日の試合終了時点で打率・286、出塁率・348と結果を残しており、数字的にはなかなか2軍に落としにくい。ただ、野球評論家の得津高宏氏は5月10日付の東京スポーツで「一度は二軍に落とすべきです」と指摘する。

   かつて松井秀喜氏も5月に1軍デビューした後、2軍で経験を積んで8月以降に1軍定着したことを例に、「二軍でやるべきことは山ほどある」。

   右足違和感で2軍調整中の打率・392の近藤健介選手が、順調に行けば15日の西武戦で1軍復帰する可能性もあり、清宮がその時もなお1軍に残れるかは不透明だ。

   だが、清宮の1軍定着に現実味をもたせる要素もある。それは、清宮個人の「集客力」の高さだ。10日付の夕刊フジによれば、日ハムの球団内部に「一発が出始めれば、清宮フィーバーは起こる」との声も根強くあるという。

   清宮は鎌ケ谷の2軍時代、4月20日のロッテ戦で2本塁打をマークすると、立て続けに5試合で4本のHRを打った。このとき鎌ケ谷スタジアムには連日2000人超の観客が詰めかけるようになったという。

   5月9日、待望のプロHRを打った清宮。日本野球機構が7日に発表した2018年シーズン・第1クール(5月3日まで)の観客動員数記録によれば、日ハムの動員数は1試合平均で平均前年比9.7%減と低調だ。もしかすると、この本塁打ををきっかけに、清宮が「1軍定着」のウルトラCを呼び込むことになるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中