2021年 5月 16日 (日)

金正恩氏、トランプ氏とは「歴史的対面に」 ついに一変させた対米姿勢

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   つい数日まで米国に対するけん制を続けてきた北朝鮮が一転、2018年6月にも行われる米朝首脳会談について国営メディアで言及し「歴史的な対面になるだろう」と高い期待感を示した。米国のポンペオ国務長官は5月9日に平壌を訪問し、朝鮮労働党の金正恩委員長と会談。トランプ大統領のメッセージを伝えられて「高く評価し、謝意を表した」という。

北朝鮮は拘束していた韓国系米国人3人を解放。ポンペオ氏と正恩氏は「討議された問題について満足な合意を見た」といい、米朝首脳会談に向けた調整は最終段階に入っている模様だ。

  • 米国のポンペオ国務長官は2018年5月9日に平壌を訪問し、朝鮮労働党の金正恩委員長と会談した(写真は労働新聞から)
    米国のポンペオ国務長官は2018年5月9日に平壌を訪問し、朝鮮労働党の金正恩委員長と会談した(写真は労働新聞から)
  • 米国のポンペオ国務長官は2018年5月9日に平壌を訪問し、朝鮮労働党の金正恩委員長と会談した(写真は労働新聞から)

「討議された問題について満足な合意」

   朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は5月10日のトップ項目でポンペオ氏との会談を伝えた。それによると、トランプ大統領からのメッセージを口頭で伝えられた正恩氏は

「大統領が対話を通じた問題の解決に深い関心を持っていることについて高く評価し、謝意を表した」

といい、「全世界の焦眉の関心事となっている先鋭な半島地域の情勢に対する評価と見解」について意見交換。米朝首脳会談についても「関連する両国最高指導部の立場と意見を交換」し、正恩氏は

「朝鮮半島の肯定的な情勢発展を促し、立派な未来を建設するための立派な第一歩を踏み出す歴史的な対面になるだろう」

と期待感を示したという。

   さらに、労働新聞の記事では、両者が「討議された問題について満足な合意を見た」とも伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中