2019年 9月 22日 (日)

FXの取引方法はシェアする時代に 1000人以上の投資家が参加した「俺のフルオート」

印刷

   「トランプ相場」は読みづらい。2018年は米中貿易戦争や北朝鮮問題により、為替相場は急変動することが多かった。相場のボラティリティ(価格変動率)が上がり、FX(外国為替証拠金)取引のチャンスは増えたが、予測困難な相場が続くなかでの取引を難しいと感じる個人投資家は少なくないだろう。

   そんななか、FXの取引方法をシェアすることで、今の為替相場を乗り切ろうというキャンペーンがある。インヴァスト証券が開催する「俺のフルオート」だ。

1000人以上のFX投資家が自身の売買プログラムを投稿、口座開設者にシェア

多くのFX投資家が参戦してきた「俺のフルオート」
多くのFX投資家が参戦してきた「俺のフルオート」

   「俺のフルオート」は、個人のFX投資家が集結し、自動売買「シストレ24」のフルオート(ストラテジー=自動売買プログラム)の設定をみんなで競い合うというキャンペーン。応募されたフルオートの設定は「シストレ24」の口座開設者にシェアされるので、初心者でも他の投資家の力を借りて、難解な為替相場に挑めるのだ。

   シェアハウスやカーシェアリング...... 近年はモノやサービスを共有する「シェアリングビジネス」が花盛りで、2017年から注目度が急上昇した仮想通貨においても、無料でプログラムを公開してユーザー同士がシステムを管理する、というオープンな世界が広がっている。

   一方で株式やFX取引などの世界は、閉ざされたイメージが少なからずある。投資初心者が辿り着くのは、指南本や情報サービス、という有料コンテンツが一般的だろう。儲かっている人からその方法を教えてもらえれば手っ取り早いが、そのコツを無料で明かすことは稀といえる。

   「俺のフルオート」は、過去5回で1000人以上のユーザーがフルオートの設定やアイデアを投稿した。集まったFX投資家の力によって、みんなで相場に立ち向かう、そう感じ取ることもできる。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック