2018年 8月 19日 (日)

乗客名が「ガイコクジン様」 日本交通系配車アプリ「不適切な表現」で謝罪

印刷

   日本交通のグループ会社・ジャパンタクシー(東京都千代田区)が手掛ける配車アプリ「全国タクシー」で、予約完了メールなどの宛名の一部が「ガイコクジン様」となっていたことがわかった。

   同社の広報担当者は2018年5月15日、J-CASTニュースの取材に「差別的な意図はなく、ただただ配慮が足りていなかったためです」と釈明した。

  • 「全国タクシー」のダウンロードサイトより
    「全国タクシー」のダウンロードサイトより

「これはダメでしょう」「ひどすぎる、、、」

   全国タクシーは、タクシー配車アプリの先駆けとして11年にリリース。18年4月時点でダウンロード数は450万を超える。

   問題となったのは、利用者に送信する予約完了・決済メールおよびドライバーの操作端末において、宛名の一部が「ガイコクジン様」と表記されていた点だ。

   利用者が5月14日にツイッターで指摘すると、投稿は拡散。「これはダメでしょう」「ひどすぎる、、、」と疑問視する声が上がった。

   アプリの公式アカウントは同日、

「不適切な表現によりご不快な思いをおかけし誠に申し訳ございません」

と謝罪。この日までに表記を修正したと伝えた。

「マチアワセバンゴウ様」に修正

   ジャパンタクシーの広報担当者によると、リリース当時から同様の表記を使用。言語設定を日本語以外(英・中・韓)に設定し、カナ氏名の登録をしていない利用者が対象だった。

   修正後は「マチアワセバンゴウ様」になるという。

   利用者からの指摘を受け修正した形となったが、「差別的な意図はなく、ただただ配慮が足りていなかったためです」と釈明。今後は技術的な問題が発生しない限り、同様の表記は使われないとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中