2018年 11月 17日 (土)

コメンテーター岸井成格さん、寺田理恵子・元フジアナが明かした政治記者らしくない一面

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ニュース番組のコメンテーターなどで知られる、毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんが亡くなり、多くの関係者が追悼の意を表するなか、元フジテレビ・アナウンサーの寺田理恵子さん(56)が岸井さんの意外な一面をブログで明かした。

   「アイドル女子アナのはしり」とも評される寺田さんによると、「岸井さんは『幽体離脱ができる』とおっしゃった」というのだ。

  • 岸井成格さん(2016年3月撮影)
    岸井成格さん(2016年3月撮影)

「社会全体を見ることの重要性」も教わった

   岸井さんは2018年5月15日、肺腺がんのため死去した。73歳だった。毎日新聞の政治部長などを歴任し、情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)などのコメンテーターとしても活躍した。

   翌16日、寺田さんは岸井さんを追悼するブログを更新。「26年前、TBS『ビッグモーニング』」の出演でお世話になり、「社会のモノの見方」など様々なことを教えてもらったと振り返った。少子化問題に関連して「社会全体を見ることの重要性」も教わったという。

   さらに、岸井さんには「お茶目な部分」もあったと続け、印象に残っている話として、

「岸井さんは、『幽体離脱ができる』とおっしゃったのです」
「魂が抜けだして、俯瞰的に自分を見ることができるというのです」

とのエピソードを紹介。「オカルト的な話を面白おかしく」話していたそうだ。「幽体離脱」について、寺田さんが自分もやってみたいと言ったところ、

「戻れなくなったら大変だから、やめなさい」

と真剣に「ストップをかけて」くれた、と懐かしそうに振り返った。最後は、

「岸井さん、まだこの世にいらっしゃって、どこかで世の中を俯瞰していらっしゃるのでしょうね...」

として、冥福を祈った。

   寺田さんは、1980年代の人気お笑い番組「オレたちひょうきん族」への出演で人気を博し、のちにフリーアナウンサーに転じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中