2018年 5月 21日 (月)

iPSで心筋治療の臨床研究、条件付き承認 厚労省部会

印刷

   厚生労働省の再生医療等評価部会は2018年5月16日、重症の心不全患者にiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞シートを移植する、大阪大学の臨床研究計画を条件付きで承認した。条件は、臨床研究をする患者の対象を厳しくすることなど。早ければ18年度内にも最初の患者に移植される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中