2018年 11月 17日 (土)

日大アメフトOB「会見して真実を」 監督に「矜持示して」と注文

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大選手による悪質な反則行為があった問題は、ますます混迷の度合いを深めている。

   ある日大アメフト部OBは「監督、コーチから『相手のクォーターバック(QB)を壊せ』との指示があった」と関係者から聞いたと発言。他にも、監督らの指示が「あったと思う」との証言は出ているが、日大側は「事実ではない」とこれを否定している。

  • 監督の指示だったのか、それとも…?(関西学院大学提供)
    監督の指示だったのか、それとも…?(関西学院大学提供)

「『相手のQBを壊せ』そういう指示があったと」

「私が関係者から聞いた話では、事前に監督、コーチから、当該の選手が『相手のQBを壊せ』と、そういう指示があったと」

   2018年5月16日放送の情報番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、日大アメフト部OBで共同通信記者の宍戸博昭氏はそう語った。関学のQBに悪質なタックルをした日大の選手が、監督から事前に「壊せ」すなわち「ケガをさせろ」との指示を受けていたという。

   番組では、別の日大アメフト部関係者にも取材。同選手はその関係者に「監督から試合前に『ワンシリーズ(編注:攻守が入れ替わるまでの攻撃権)で相手のQBを壊して来い』と指示されていたから、やってしまった」などと打ち明け、「そうしないと試合に出られないと思った」と話していたという。

   なぜその選手は、試合に出られないと思ったのか。真相は定かでないが、宍戸氏は関係者から聞いた話として「最近ある意味『干されていた』状況の選手にそういう指示を出して奮起を促した」と説明。「当該の選手だけじゃなくて(他の人も)聞いていたという話もあります」とも語った。

   さらに、部のOBとしては「名門チームの監督としての矜持、それを示していただきたい。公の場で記者会見をして、真実を語っていただきたい」と訴えていた。

OBも「初めて見た」悪質行為

   監督から選手に指示があった――。宍戸氏の他、複数の日大アメフト部OBからもそんな証言が上がっている。

   17日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)では、日大の内田正人監督から指導を受けたことのあるアメフト部OBの2人が番組の取材に答えた。仮にA氏、B氏とすると、件のタックルについて

「(あれほどの悪質なタックルは)経験もないし初めて見た」(A氏)
「衝撃的というか驚きだった。初めて見た」(B氏)

と意見を述べたという。

   A氏はアメフト部の練習について「非常に厳しいが、厳しさの裏には選手思いの一面もあった」、B氏は「スパルタの枠を超えた過度な練習だった」と告白。その上で「(タックルは)監督の指示だったのか?」と質問を受けると、A氏は「(監督がディフェンスに)相手のQBを狙え! 反則してもイイから思い切りやってこいと」話していたそうだ、とコメント。B氏は

「『殺すぐらいやってこい』という指示は昔からあったので、指示があったと思う」

と話したという。

   このように監督から指示を受けていたとの証言は出ているが、日大の広報担当者は16日夕のJ-CASTニュースの取材に「監督やコーチが、ああいったプレーをしろと指示した事実はない。そんな指示を出しても、仕方がないでしょう」と否定している。

   ツイッターなどインターネット上でも「監督指示」の有無は大きな注目を集めており、

「『監督の指示』があったかなかったは絶対にうやむやにしちゃいけません」
「選手は勇気を持って真実を話して」
「これだけ騒ぎになってる以上、日大側はさっさと会見して後処理すべき」

などの声が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中