2018年 8月 20日 (月)

日大の「大人の保身」を大批判 武井壮、「若者を苦しめるな」論

印刷

   タレントの武井壮さんがツイッターで、日本大学のアメリカンフットボール(アメフト)部をめぐる一連の問題について自身の考えを示した。

   アメフトに限らずスポーツ界や指導者に関する内容で、その内容への称賛の声が多く見られる。

  • 武井さんが持論を展開(画像は武井さんのツイッターより)
    武井さんが持論を展開(画像は武井さんのツイッターより)

指導者とは、「最善の努力を提供する」存在

   武井さんは2018年5月22日、自身のツイッターで「アメフト問題このあと選手の会見かあ。。」と、怪我をさせた方の日大選手による会見について投稿。その後、

「スポーツってよ、努力して夢叶えて幸せになるためのもんだろう?大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ。。指導者の仕事はその知識と経験で最善の努力の時間を提供して世の中で生きていく為の武器や名誉、勝利より大切な人生を与えてあげることなんじゃねえのか??」

と持論を展開。その後も続いて、

「競技関係者みんなもう一度考えよう。勝利やオリンピックは当然大事だし素晴らしいよ。でもよ反則したり若者苦しめたり彼らが人生投げ出してまでも『勝たなきゃ食って行けない』ような業界じゃ未来はねえよ」
「メダルだの日本代表だのって輝く舞台の光にだけ照らされて大切なところに影が差していないかい?スポーツはあくまで遊び」

などと投稿。スポーツのあり方や、競技者が勝つことばかりに目を向けてしまうことの問題について言及した。

「立ち上がれ!武井壮!」との声も

   これにネット上では、

「強く共感します」
「武井さん、流石です。仰るとおりです」
「選手ファーストがいっさいない!!自分たちだけのことしか考えてない!!」
「そうだよな、選手より指導者が目立ってどうする。若い芽を育てるのが、真の指導者であるのに」

などと共感の声が相次いだ。

   一部には

「これは氷山の一角であり日本のスポーツの闇でありますね」
「立ち上がれ!武井壮!その精神でスポーツ界の改革を!」

とスポーツ界全体に共通する問題であるとの見方や、変革に向けて武井さんに期待する声もみられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中