2018年 6月 22日 (金)

セクハラ疑惑の狛江市長、やっと辞意 会見で触れたコト

印刷

   東京都狛江市の高橋都彦市長が2018年5月23日、セクハラ疑惑を受けて会見を開き、辞意を表明した。高橋市長は「市政をこれ以上混乱させてはいけないとの思いから辞職を決意した」と述べた。

   21日の会見では、身体的な接触はあった可能性を示唆しながらも「(セクハラ行為をしたという)覚えは一切ない」と疑惑を一蹴していた。ただ、4人の女性職員からお尻を触るなどのセクハラ被害にあったという内容の抗議文を突き付けられた22日には、一転して「辞任する方向で考えたい」と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中