2018年 6月 23日 (土)

鈴木大地長官「直接話を聞いた方がいい」 スポーツ庁が日大聞き取りへ

印刷

   日本大学アメリカンフットボール部の「悪質タックル」問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は2018年5月24日、近く同庁が日大関係者から聞き取りすることを明らかにした。

   関西学院大学に提出する回答書の内容を聴取するという。

   鈴木長官は「当事者にこれから来ていただいて、直接話を聞いた方がいいのかなと」と話している。

   23日夜に内田正人前監督と井上奨コーチの会見が行われ、指導者からの指示があったとする日大選手の主張と食い違いが生じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中