2019年 10月 16日 (水)

日大各学部長から学生へ「低姿勢」メール 「切り捨て批判で慌てたのか」の声も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アメフト部員の悪質タックル問題で、日大の各学部長から学生あてに、今回の事態になったことをお詫びし、学生のサポートを約束するメッセージが送られていたことが分かった。

   ただ、大学としてのメッセージはまだ来ていないといい、学生から不満の声も上がっている。

  • 法学部長から学生にあてたメッセージ
    法学部長から学生にあてたメッセージ

「法学部の皆さんは心を傷めていることと思います」

   この問題では、日大関係者の会見が連日連夜続き、日大へのバッシングも収まらない騒ぎになっている。一方、東京都千代田区内の日大キャンパスでは、2018年5月25日も通常授業が行われ、学生たちは、普段と変わらない様子で登校していた。

   とはいえ、これだけの騒ぎになっているだけに、内心は穏やかでない様子だ。

   法学部1年の男子学生(18)にJ-CASTニュースの記者が話を聞くと、内田正人前監督(62)らが23日夜に行った会見について、こう不満をぶつけた。

「司会の広報部の方が質問を止めたりするのは、僕らも本当のことを知りたいのにおかしいですよ。LINEのやり取りを通じて、『日大どうなってる?』とけっこう聞かれました。世間からどう見られているのかと不安があります」

   学生たちの気持ちを察してか、法学部長名で、25日朝に学内サイトを通じて学生へのメッセージが送られてきた。

   そこではまず、「本学に関するさまざまな報道を見聞きし、法学部の皆さんは心を傷めていることと思います。このような事態となってしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪文で始めた。

   そして、法学部の教職員は、学生1人1人と真摯に向き合い、抱えている問題を解決できるようなサポートをしたいと呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中