2018年 10月 16日 (火)

日大アメフトの「悪質タックル」でけが 関学大QBが実戦復帰

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年5月6日に行われた日本大と関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で、日大の選手による危険タックルで負傷した関学大のクォーターバック(QB)が、5月27日の関西大との試合の第2クォーターから途中出場。実戦復帰を果たした。

   試合後には、報道陣の取材を受けた。タックルした日大の選手から直接謝罪を受けたことについて問われると、しばらく沈黙した後に「すごい心苦しい...(日大の選手が)かわいそうと感じた」と話した。また、日大アメフト部の内田正人前監督らによるタックルの指示はあったと思うかとの質問に対しては、回答を避けた。

   関学大QBの父の奥野康俊さんは試合を観戦し、ツイッターに「元気な姿で大好きなアメフトをしている姿を見ていると何もかも忘れられます。本当に良かったです」と書き込んだ。

   5月6日の試合で関学大QBは、パスを投げ終えて無防備な状態にあるときに背後から日大選手のタックルを受け、倒れ込んだ。これにより負傷退場し、右膝軟骨損傷などで全治3週間の診断を受けていた。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中