2018年 12月 18日 (火)

内田氏「もっとイジメますけどね」 「囲み取材」報道になかった「新事実」 

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日大アメフト部の悪質タックル問題を調査した関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会が2018年5月29日の記者会見で、「新事実」を報告した。

   日大の内田正人前監督は関学大との試合後、スポーツ紙記者の囲み取材を受けていたが、このやり取りを報じたスポーツ紙の記事はあくまで「要約」にすぎず、さらに踏み込んだ発言をしていたことを明らかにしたのだ。

  • 内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチ
    内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチ

「反則をしちゃだめよ、というのは簡単なこと」

   規律委員会の森本啓司専務理事は会見で、内田監督は件の試合後にスポーツ紙などの記者数名から囲み取材を受けたと説明。試合翌日のスポーツ紙では囲み取材での発言内容について次のように報じられた、とした。

「力がないから厳しくプレッシャーをかけている。待ちでなく攻めて戦わないと。選手も必死。あれくらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」

   森本氏は「おそらくこれは内田監督の発言を要約したものであったと思います」と説明した。「実際はもっと踏み込んだ発言をしていたと複数のものが認めています」という。

   たとえば、内田氏は囲み取材で「ちょっとやりすぎだったのではないか?選手がはき違えてしまったのではないか?」といった主旨の質問を受けた際、次のように回答したというのだ。

「はき違えたというより、僕が相当プレッシャーをかけて、そういう方向に持っていっている。それが反則であるというならば、これは僕の責任、僕のやり方。当該選手はよくやったと思う。もっとイジメますけどね。反則をしちゃだめよ、というのは簡単なこと。もっとやってみな。そう思いますよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中