2018年 8月 16日 (木)

内田氏「もっとイジメますけどね」 「囲み取材」報道になかった「新事実」 

印刷

   日大アメフト部の悪質タックル問題を調査した関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会が2018年5月29日の記者会見で、「新事実」を報告した。

   日大の内田正人前監督は関学大との試合後、スポーツ紙記者の囲み取材を受けていたが、このやり取りを報じたスポーツ紙の記事はあくまで「要約」にすぎず、さらに踏み込んだ発言をしていたことを明らかにしたのだ。

  • 内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチ
    内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチ

「反則をしちゃだめよ、というのは簡単なこと」

   規律委員会の森本啓司専務理事は会見で、内田監督は件の試合後にスポーツ紙などの記者数名から囲み取材を受けたと説明。試合翌日のスポーツ紙では囲み取材での発言内容について次のように報じられた、とした。

「力がないから厳しくプレッシャーをかけている。待ちでなく攻めて戦わないと。選手も必死。あれくらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」

   森本氏は「おそらくこれは内田監督の発言を要約したものであったと思います」と説明した。「実際はもっと踏み込んだ発言をしていたと複数のものが認めています」という。

   たとえば、内田氏は囲み取材で「ちょっとやりすぎだったのではないか?選手がはき違えてしまったのではないか?」といった主旨の質問を受けた際、次のように回答したというのだ。

「はき違えたというより、僕が相当プレッシャーをかけて、そういう方向に持っていっている。それが反則であるというならば、これは僕の責任、僕のやり方。当該選手はよくやったと思う。もっとイジメますけどね。反則をしちゃだめよ、というのは簡単なこと。もっとやってみな。そう思いますよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中