2019年 3月 21日 (木)

米スターバックス、8000店舗一斉休業 差別指摘で研修

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アメリカ国内にあるスターバックスが2018年5月29日(現地時間)、全米8000店の直営店を一斉休業したと同社が発表した。

   米国の店舗内で発生した、黒人男性に対する人種差別を指摘された問題を踏まえたものだ。

   閉鎖に伴い、従業員に対し人種差別を防ぐための研修を行う。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中