2018年 6月 22日 (金)

米スターバックス、8000店舗一斉休業 差別指摘で研修

印刷

   アメリカ国内にあるスターバックスが2018年5月29日(現地時間)、全米8000店の直営店を一斉休業したと同社が発表した。

   米国の店舗内で発生した、黒人男性に対する人種差別を指摘された問題を踏まえたものだ。

   閉鎖に伴い、従業員に対し人種差別を防ぐための研修を行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中