2018年 10月 22日 (月)

「種まく人」から「種まくトトロ」に 岩波書店のマークが変わった?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   岩波書店(東京都千代田区)は、通常使われているミレーの「種まく人」のロゴマークを、「種まくトトロ」に変更している。

   宮崎駿さん監修の「トトロの生まれたところ」の刊行を記念したものと思われる。

  • 18年6月1日現在の岩波書店のツイッターページ
    18年6月1日現在の岩波書店のツイッターページ

芽吹くのが早い...

   岩波書店のロゴが「種まくトトロ」に変わったのは2018年5月29日のことで、6月1日現在、ホームページとツイッターページにて採用されている。

   宮崎駿さん描き下ろしのイラストが使われており、「種まく人」と異なって種をまいた直後に芽吹いている。

   このことについて岩波書店のツイッターは、

「トトロの場合、蒔いた傍から芽吹いてしまうようです」
「明日にはもう大木になっているかも」

とコメントしている。

 

   ツイッターでは、ロゴの変更に気づいた人たちから、

「かわいい。芽吹くのが早い...」
「すごくかわいいですね!」
「あー! 種まくトトロすごい」

といった反応があったほか、「となりのトトロ」のワンシーンで、どんぐりを植えた畑の周りで踊るトトロを思い出した人たちが、

「夜中に踊らないと芽が出ません」
「実は夜で蒔きながら踊ってるのかもしれません」

というやり取りをしていた。

   これらの好意的な反応に対して、岩波書店のツイッターは、

「ありがとうございます.お陰でさまで『種まくトトロ』大人気です!」

と感謝を述べていた。

   当面は「種まくトトロ」を使い続けていくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中