2018年 12月 11日 (火)

サッカー「五輪10番」は凶番? 中島翔哉に中村俊輔...直後のW杯は全員選外

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   ロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー23人が2018年5月31日に発表されたが、「選ばれなかった選手」をめぐっても議論が絶えない。中でも惜しまれているのは、中島翔哉(23)だろう。リオデジャネイロ五輪では背番号10番をつけていたのに。

   中島の選外で嫌なジンクスが改めて注目されている。夏季五輪で10番をつけた選手は、直後のW杯でことごとく選外になっているのだ。

  • 中島翔哉はロシアW杯代表に選ばれなかった(中島のブログから)
    中島翔哉はロシアW杯代表に選ばれなかった(中島のブログから)
  • 松井大輔は2004年アテネ五輪で10番をつけるも06年ドイツW杯は選外。ただ10年南アフリカW杯では中心選手として躍動した(写真は2018年4月撮影)
    松井大輔は2004年アテネ五輪で10番をつけるも06年ドイツW杯は選外。ただ10年南アフリカW杯では中心選手として躍動した(写真は2018年4月撮影)

松井大輔も

   中島は今季ポルティモネンセ(ポルトガル)で10ゴール12アシストを記録し、能力は十分。バヒド・ハリルホジッチ監督が3月のベルギー遠征に招集すると、マリ戦でいきなりゴール。暗雲が立ち込める代表に見えた、数少ない光明となった。そのためW杯での活躍も期待されたが、選外。4月に就任した西野朗監督は「彼は1年間、ポリバレントではなかった」と、複数ポジションをこなせないと判断したようだ。

   中島は16年リオ五輪で10番を背負った。23歳以下の選手で争われる五輪サッカーは、次代のA代表選手として頭角を現すことが期待される場でもある。夏季五輪とW杯は4年に一度、2年ずらして開催され、「アテネ(五輪)経由ドイツ(W杯)行き」といった言葉も過去には使われた。漫画「キャプテン翼」を持ち出すまでもなく、エースナンバー・10を五輪でつけたとなれば尚更、という気もする。

   ところが実際はそうではない。五輪で10番をつけた選手は直後のW杯代表選外が続いている。

   日本のW杯初出場は98年フランス大会。その直前は、西野監督が率いてブラジルに勝利し「マイアミの奇跡」と称えられた96年アトランタ五輪だ。この時の10番は遠藤彰弘(当時横浜マリノス)が背負ったが、フランスW杯の代表には選ばれなかった。

   00年シドニー五輪の10番は、18年現在も現役選手として活躍する中村俊輔(当時横浜F・マリノス)だった。同五輪も、2年後の日韓W杯も、監督はフィリップ・トルシエ氏が兼任。トルシエ氏は五輪予選から中村を重用し期待をかけていたようだが、日韓W杯ではまさかの選外とし、当時衝撃を与えた。

   その後も04年アテネ五輪の10番・松井大輔(当時京都サンガ)が06年ドイツW杯で選ばれず。08年北京五輪の10番・梶山陽平(FC東京)も10年南アフリカW杯で、さらに12年ロンドン五輪の10番・東慶悟(当時大宮アルディージャ)も14年ブラジルW杯で、それぞれ代表入りすることはなかった。そして今回の中島でも、この「法則」が続いた。

10番以外の五輪メンバーは?

   こうした前例から、ツイッター上では

「オリンピックで10番を付ける選手は次のW杯に出られないジンクス」
「五輪10番呪われてるやん...」
「五輪の10番誰も着けたがらなくなるな(笑)」
「もう五輪代表は10番永久欠番にしろよw」

といった声も漏れている。

   10番以外の五輪メンバーが直後のW杯代表に選ばれるのは枚挙に暇がない。上記の言葉を借りれば、「アトランタ経由フランス行き」を果たしたのは、川口能活、中田英寿、伊藤輝悦、服部年宏ら、その後代表を支える選手がズラリと並ぶ。「シドニー経由日韓行き」を果たした選手は特に多く、松田直樹、宮本恒靖、稲本潤一、中田浩二、明神智和、柳沢敦など、こちらも名選手ぞろい。「アテネ経由ドイツ行き」は、茂庭照幸、駒野友一ら。

   続く北京五輪代表で南アW杯に行ったのは、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、内田篤人、森本貴幸ら、ロシアW杯代表選手も複数。さらに香川真司も予備登録メンバーながら南アW杯で選ばれていた。

   ロンドン五輪からブラジルW杯には、酒井宏樹や酒井高徳、山口蛍、清武弘嗣、齋藤学らが選出。そしてリオ五輪からは、中村航輔、植田直通、大島僚太、遠藤航がロシアW杯行きを果たす。

   なお、中村俊輔は日韓の落選後、ドイツ、南アと2大会連続W杯出場を果たしている。松井大輔も南アW杯で中心選手として躍動。今回の中島も、22年カタールW杯での活躍が期待できる選手であることは間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中