2019年 10月 16日 (水)

長友佑都「ブチ切れツイート」に「やらなきゃ意味ないよ」 その「声の主」は...?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー入りしたサッカー日本代表の長友佑都選手(31)が、ツイッターで「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」と持論を披露し、炎上気味だ。

   批判的なコメントが相次ぐなか、注目を集めているツイートがある。この1か月話題の人物の「流行語」を巧みに利用しているアカウントだ。

  • 長友佑都選手(2018年6月2日撮影)
    長友佑都選手(2018年6月2日撮影)
  • 武藤嘉紀選手のツイッターアカウントにも「やらなきゃ意味ないよ」のリプライがあった(2018年6月2日撮影)
    武藤嘉紀選手のツイッターアカウントにも「やらなきゃ意味ないよ」のリプライがあった(2018年6月2日撮影)

長友選手「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」

   長友選手は登録メンバーが発表された翌日の2018年6月1日、「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」とツイッターに投稿した。

   登録メンバーの平均年齢は28.3歳で、過去のW杯代表選手と比べても年齢層が高い。ベテランをそろえたと解釈できる一方で、将来有望な若手選手の選出が少ないとも言え、体制を不安視する声も相次いだ。

   長友選手のツイートはそうした声に対する反発したものだとみられるが、これには

「それは結果を出した人が言うセリフですよ!」
「プロである以上、結果で示すしかないと思います」
「そんなことはいいんです。とにかく勝ってください」
「ファンは年齢ではなく、結果を見て言っている」

といった批判的な意見が相次ぎ、炎上気味になっている。

   そんな中で注目を集めているのが、日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督を名乗るボット(bot)。内田前監督の過去の発言をツイートするアカウントだ。登録メンバー入りが決まった5月31日、「やってやる」と決意を新たにする長友選手のツイートに対して、内田内田前監督のボットは

「やらなきゃ意味ないよ」

と返信。これを「核心をついている」と受け止める人も多かったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中