2018年 8月 20日 (月)

「日ペンのブランドは堕ちません!」 美子ちゃん最新広告やっぱり「キレッキレ」

印刷

   2018年5月23日。アメリカンフットボール部をめぐる問題で会見を開いた日本大学で、報道陣からの「あなたの発言で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ」との一言に、広報部の担当者が「(日大のブランドは)落ちません」と発言したのを覚えている人も多いだろう。

   いま、そんな一言に絡めた、ペン習字の通信教育などを行う日本ペン習字研究会(日ペン)のキャラクターである「日ペンの美子ちゃん」の広告が、ネットで話題になっている。

  • 「日ペンブランドは堕ちません!」
    「日ペンブランドは堕ちません!」

「日ペンのブランドは堕ちません!」

   2018年6月2日の朝日新聞(朝刊)の一面、天声人語の近くに、

「日ペンのブランドは堕ちません!」

とのキャッチコピーが。これは、「日ペンの美子ちゃん」の広告で、J-CASTニュースでも「『日ペンの美子ちゃん』新聞広告が攻めまくり 『日報も直筆メモもきれいに』『美文字ありき』」で配信しているように、今までも時事ネタなどに絡めたキャッチコピーを打ってきたことで知られる。

   「日ペンの美子ちゃん」は、もともと1972年に雑誌「月刊明星」の広告に登場した、日ペンのキャラクターだ。40年を超える長い歴史を持ちながら、美子ちゃんは公式プロフィールで「永遠の17歳」を自称。2018年1月には初のテレビCM化を果たすなど、抜群の「ブランド力」を持つキャラクターとして知られる。

原作者のボツネタではタックル画像も

   ネットでは

「キレッキレw」
「攻めるなー」
「最強の風刺漫画」
「こっちで攻めて来たか...」

と面白がる声が多く見られた。

   ほかにも、

「ペンは権(力)より強し」
「日ペン、やるなあ(笑)というか、46年なのか....」
「落ちようがありません」

といった反応も。

   なお、「日ペンの美子ちゃん」を連載する服部昇大さんは、自身のツイッターでボツとなったネタを掲載。そこには、美子ちゃんがポストにはがきを投函しようとする人にタックルする絵が描かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中