2018年 6月 23日 (土)

SBI、仮想通貨取引サービス「VCTRADE」開始

印刷

   SBIホールディングス子会社のSBIバーチャル・カレンシーズ(東京都港区)は2018年6月4日から、仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」を開始した、と発表した。

   取り扱う仮想通貨は、XRP(リップル)から開始する。順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)と拡大する予定だ。決済通貨は日本円で、取引手数料は出金手数料を除き、無料。

   2017年10月に先行予約で口座開設の申し込みをしていた顧客から、取り引きに必要なパスワードなどを送り、サービス開始となる。一般の口座開設の申し込み受け付けは2018年7月中の開始を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中