2018年 8月 18日 (土)

金正恩&アサドが独裁タッグ結成? 首脳会談で何語り合う

印刷

   米朝首脳会談を前に、トランプ大統領の頭痛の種がひとつ増えそうだ。シリアのアサド大統領がシリアに着任した北朝鮮の文正男(ムン・ジョンナム)大使から信任状を受け取る際に、北朝鮮を訪問し、金正恩・朝鮮労働党委員長と会談する意向を表明したためだ。仮に実現すれば、正恩氏が外国首脳を平壌に迎えるのは初めて。

   両国は今でも米国から「テロ支援国家」に指定されたまま。2018年2月には国連安保理が、北朝鮮がシリアに化学兵器製造に利用できる部品を提供していたとする報告書をまとめたばかり。会談の時期は不明だが、米国からすれば「悪だくみ」の内容が懸案になりそうだ。

  • シリアの国営SANA通信が報じた信任状捧呈式の様子。アサド大統領が「金正恩閣下に会う決心である」などと述べたという
    シリアの国営SANA通信が報じた信任状捧呈式の様子。アサド大統領が「金正恩閣下に会う決心である」などと述べたという

アサド大統領「金正恩閣下に会う決心である」

   アサド氏の訪朝の意向は、5月30日に信任状捧呈式で示されたとされる。シリア国営のSANA通信は、同日中に捧呈式が行われたことを短く報じたが、北朝鮮の朝鮮中央通信が6月3日、アサド氏の発言内容に踏み込んで報じた。アサド氏は

「今後、(北)朝鮮を訪問して金正恩閣下に会う決心である」

と述べたという。さらに、

「金正恩閣下の卓越した政治実力、賢明な指導によって最近、朝鮮半島で大きな肯定的出来事が起こっていることを全世界が歓迎している。金正恩閣下が最後の勝利を収め、朝鮮の統一を必ず実現すると確信する」

などと述べ、南北首脳会談をはじめとする融和ムードを高く評価。さらに、シリア政府は、北朝鮮指導部の「全ての政策と措置を全面的に支持」することを表明したという。

「口裏合わせ」かそれとも「武器輸出」か

   朝鮮中央通信の記事からは両国の密接な関係がうかがえるが、それは軍事についても同様だ。18年2月に米メディアが報じた国連安保理の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルの報告書によると、12年末から17年初頭にかけ、北朝鮮は40回にわたりシリアに物資を送っている。その内容は、耐熱・耐酸性タイルや耐食バルブ、温度計など。いずれも化学兵器の製造に必要なものだ。報告書では、北朝鮮のミサイル専門家らがシリアの武器製造施設にいた、とも指摘している。

   これに加えて、ほぼ同時期に米国のウッド軍縮大使が、ミサイルや化学兵器の開発で北朝鮮とシリアは歴史的なつながりがあるとも指摘している。

   アサド政権は反体制派拠点に対して化学兵器を使用したとして、国際社会の非難を浴びているが、これを否定。北朝鮮も、朝鮮中央通信が3月1日に報じた外務省報道官の談話で、化学兵器の開発・製造・保管を否定。「化学兵器自体に反対の立場」だと主張した。

   ただ、国際社会は両国の主張を額面通りには受け取っていない。朝鮮中央通信の報道では会談の時期は明らかではないが、米朝首脳会談と前後するタイミングで「口裏合わせ」をするのか、それとも、武器の輸出話を加速させるのか、その内容が注目されそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中